オートキャド(AutoCAD)のプロになる為に

オートキャド(AutoCAD)を使って実際に図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念すぎますよね。ただ、これからAutoCAD(オートキャド)を覚えようとしている方にとって、覚え[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的には自分の知識はきっと足りないと感じて在宅勤務を諦めることになりました。今思い出してみるとかな[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く」という言葉がありますが、CADオペレーターの仕事はまさにこれです。[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面のジャンルは本当に様々です。その中でどんな図面を描いていくのか、そのための知識というのは必要に[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合であれば、当然人を募集した後は教えて成長してもらわないといけません。いずれにしても人に仕事を教[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけではなく、もっと別の勉強が必要になってくることもあります。それが実際に自分で作図するのではなく[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来るかも知れないという「今さらそんな…」という内容に。ちょっと今までの話とは違う内容だったので、[...]

    続きを読む

在宅勤務を目指した時代の話

AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。
当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く」という言葉がありますが、CADオペレーターの仕事はまさにこれです。

なので、AutoCAD(オートキャド)を覚えてから就く仕事はCADオペレーターが多いのではないかと思います。
派遣会社に登録をした場合には、研修などがあったりするのでスキルを高めるには結構良いかもしれません。

私も最初はCADオペレーターとして仕事を始めました。
そこで毎日AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いたり修正したりの仕事をして、日々スキルを磨いていったという感じです。

ちょっと今では考えられないくらい忙しい時期などもあったりして、でも若いから体力とやる気で乗り越えたりとか。
当時はAutoCAD(オートキャド)を覚えて在宅勤務をしたいと考えていて、忙しければ忙しい程早く覚えることが出来て、つまり在宅勤務が近づくという気持ちでいた記憶があります。

どんなに忙しい仕事でもいつかは終わるし、終わってみるとなぜか楽しい思い出だけが残ったりするのはなぜなんでしょうかね。
ここで少し私自身のことを書きますが…

AutoCAD(オートキャド)を使って在宅勤務をしたいと思ってスキルを磨いていき、仕事で困らないくらいのスピードを身につけるのに1年はかかりませんでした。
圧倒的にAutoCAD(オートキャド)を操作している時間が長かったということと、やっぱり「在宅勤務」という目標があったからだと思います。

在宅勤務のイメージ

ただ、そこまでのスキルを身に付けた後で考えたのは、これで在宅勤務にチャレンジできる! ということではありませんでした。
それよりも「1年足らずで身に付けられたスキルを武器にして、一生在宅勤務で勝負出来るのか…」ということを考えました。

その頃は20代中頃くらいでしたが、これは結構悩みました。

よほどの資産家などではない限り、ある一定の年齢までは何らかの収入を得て生きていくのが一般的ではないかと思います。
つまり少なくともあ40年弱くらいは仕事を続けていくと考えた時に…

単純にAutoCAD(オートキャド)の操作というスキルだけでプロとしての価値を持ち続けることが出来るのか。
そうした疑問に対してどうしても大丈夫だとは思えなかったんですよね。

だから在宅勤務にチャレンジすることはやめました。

まずは思ったようにやってみて、上手くいかなかったら軌道修正していけば良い、という考え方もあるんですけど…
何となく想像が付く将来が見えていて、それでも見えているものを無視して挑戦してみる勇気が当時の私にはありませんでした。

色々な不安要素がある中で一番気になっていたのが、AutoCAD(オートキャド)は使えるけれど図面の内容に詳しい訳ではない、という部分。

当時は建築設計図のトレースとか、電気設備設計図の作図や修正、ガス設備のデータ化など様々な種類の図面に関わっていました。
でも私が仕事として実行出来たのは、手描きなどの資料があってそれをきちんと正確にCADデータにするということだけ。

もちろんそうした仕事にも価値はあるんですけど、それを例えば10年後も継続している状況を想像してみると、ちょっと怖くなりました。
もし同じ内容の仕事をしていたとしたら、私のスキルは10年経過したとしても、そこまで大きくは変わっていないことになる訳ですから。

そのあたりを意識した時に、ちょっと在宅勤務にチャレンジするのはやめておこうという気持ちになりました。
今となってはそれが正解だったのか不正解だったのかの答えは出ませんけど、今やっている仕事には満足しているので、きっと正解だったのだと思います。

関連記事

  1. AutoCADはやはり仕事の為
  2. 新しい分野の勉強をする
  3. 行き先は人によってそれぞれ
  4. 図面の種類は様々
  5. チームのリーダーになっている場合も
  6. 自分が進みたい方向性