オートキャド(AutoCAD)のプロになる為に

オートキャド(AutoCAD)を使って実際に図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念すぎますよね。ただ、これからAutoCAD(オートキャド)を覚えようとしている方にとって、覚え[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的には自分の知識はきっと足りないと感じて在宅勤務を諦めることになりました。今思い出してみるとかな[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く」という言葉がありますが、CADオペレーターの仕事はまさにこれです。[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面のジャンルは本当に様々です。その中でどんな図面を描いていくのか、そのための知識というのは必要に[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合であれば、当然人を募集した後は教えて成長してもらわないといけません。いずれにしても人に仕事を教[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけではなく、もっと別の勉強が必要になってくることもあります。それが実際に自分で作図するのではなく[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来るかも知れないという「今さらそんな…」という内容に。ちょっと今までの話とは違う内容だったので、[...]

    続きを読む

人に教える仕事もある

AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく仕事に慣れて来たら、次のステップとしては恐らく少し違う方向性の仕事が待っている場合が多い。
前回はそのあたりについて少し考えてみました。

覚えた仕事の内容を人に教えて育てる側の立場になるとか、チームを組んで複数人数で仕事をまわしていく立場になるとか。
これは自分がどんな立場で仕事をしているか、どんな会社に入って仕事をしているかによって様々だとは思いますが…

少なくとも、ずっと作図だけをやっている訳にはいかなくなる、という部分は同じだと思います。

例えば個人事業主として自宅でAutoCAD(オートキャド)を使った作図の業務をしている方の場合は、増えて来た仕事量をこなすために誰か人を雇うかも知れません。
もちろん自分がこなせる仕事量だけを請け負う、というスタンスもあるので、全員が同じことをする訳ではありませんが。

こうした考え方は会社でも同じで、請け負った仕事をしっかりとこなしていくと、少しずつ信用が増えてきて仕事量が増えてくることになります。
そうなるとチームのに未経験の若い方を入れて教えながら仕事をしていき、こなせる仕事量を増やしていこうと考えるのが通常の会社ではないかと思います。

複数人数のチームで仕事をすることによって、一人では到底出来ないボリュームの仕事をこなすことが出来るようになります。
会社として利益を出すことを意識すると、やはりこなせる仕事の量を増やしていくというのは、当然打つべき一手ということになるでしょう。

そのチームにはあまり経験が豊富ではない方が含まれているかも知れませんが、リーダーがフォローして教えながら仕事をこなしていく。
それによってきちんと仕事をこなしながら経験を積んで成長していく、という流れが出来るので、チームで仕事をしていくことには大きなメリットがある訳です。

そうしたチームを有効に機能させていくのは結構大変ですが、恐らく経験を積んでいくとそうした立場に少しずつなってくると思います。

仕事をしている以上はこのように少しずつ周囲の状況は変わってきて、自分の立ち位置も少しずつ変わってくることになります。
少なくともずっと「指示された通りに作図をしていればOK」という状況にはならない、ということは間違いないのではないかと思います。

そのあたりをどう意識していくのか。
これは当然本人次第ということにはなりますけど、自分がどんな方向にステップアップしていきたいのかを考えておくことは非常に重要なことだと言えます。

まずはAutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていくスキルを高めていき、出来るだけ高い精度の図面を効率良く作図することを目指す。
それが少しずつ出来るようになってきたら、今度はそれを人に教えていく立場になって、人のスキルを高めていく手助けをしていく。

初心者の方に教える仕事も

こうした「教える」スキルを持っている方は意外に少ないので、そうした方向性でステップアップしていくこともアリだと思います。
自分では出来るけれど、それを人に教えて出来るようにするというのはまた別の能力が必要なので、出来ない方はいくら経験を積んでも出来なかったりします。

これは今までの経験上、能力が高かったり頭が良かったりする方に多い気がします。
これは個人の資質によって違ってきて、どちらが良いとかどちらが優れているとかの話ではなく、単純に向いているか向いていないかの話ではありますが。

人に教えるのが苦ではないのであれば、きっと向いていると思うので、そうした方向に進んでいくこともアリではないかと思います。

関連記事

  1. 勉強する習慣を付けると強い
  2. 短時間で正確な図面を
  3. 在宅勤務のイメージ
  4. 最後に操作以外の話も
  5. 自分が進みたい方向性
  6. 新しい分野の勉強をする