オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ペーパー空間という概念

オートキャド(AutoCAD)では、モデル空間と呼ばれる作図する為のスペースに、対象をそのままの大きさで作図していきます。
そうなると当然印刷する用紙よりも大きいサイズで作図していく事になりますが、印刷する用紙に納まるように考えておく必要もあります。

これはちょっと矛盾しているように聞こえるかも知れません。
そうした矛盾を解消する為のツールとして、今回紹介するペーパー空間という概念がオートキャド(AutoCAD)には用意されています。

モデル空間で作図した図面はそのままだと大きい場合がほとんどなので、それを決められた用紙に納める必要があります。
その際にはある程度決められた倍率、例えば1/10とか1/30とか1/50などの倍率で縮小して印刷する事になり、この縮小率を図面の縮尺と呼びます。

縮尺1/1の図面、つまり用紙サイズに納める為に縮小する必要がない図面を「原寸」と呼んだりしますが、これは単純に作図対象がそれほど大きくない場合に使う事が出来ます。
A1サイズの用紙は841mm×594mmで、その用紙サイズに納まらない大きさの作図対象であれば、何らかの縮尺を設定する必要があるでしょう。

そうした場合に利用されるのがペーパー空間と呼ばれる作図空間になりますが、それだけでは分かりにくいのでもう少し具体的な話を。

ペーパー空間で何が出来るかというと、モデル空間で作図した内容を自由に抜き出して配置していく事が出来るようになっています。
「ビューポート」という機能を使ってモデル空間内の内容をペーパー空間上に抜き出し表示する事が出来て、その際にどの程度縮小して表示するかを設定する。

そのような手順で図面をレイアウトしていきます。
ペーパー空間のイメージとしては、A1サイズの用紙が画面上にある感じ。
その紙の上にビューポート機能で四角い穴をあけて、その穴からモデル空間に作図した内容を自由に表示していく事が出来る。

そうしてモデル空間に作図した様々な情報を、1枚の図面としてまとめていく訳です。
ペーパー空間もしくはレイアウト空間と呼ばれるのは、そうした作業をするための空間だからで、何となくイメージは出来るのではないかと思います。

ペーパー空間の考え方

モデル空間では作図対象をそのままの大きさで作図する為、1/50の図面と1/10の図面を同時に表示する事が結構難しいという問題があります。
縮尺1/50の図面は後々1/50に縮小するつもりで文字サイズなどを決めていて、縮尺1/10の図面も同じように1/10に縮小するつもりで文字サイズを決めています。

要するに文字サイズが5倍違う関係でモデル空間では作図されている訳で、それを同時に表示しても大きさが違いすぎて図面になりません。
かと言って、1/10で作図する図面を1/50の図面内に配置する為、正しい大きさで作図するのではなく5倍の大きさで作図するのも大変です。

こうした大きさの調整はほんの少しだけの詳細であれば時々やったりします。
ただ、やはり作図してから5倍にするにしても、頭の中で5倍に換算しながら作図するにしても、ちょっと面倒だし間違いの原因となるのであまりお勧めは出来ません。

しかしペーパー空間を使えば、それぞれの図面をビューポートで抜き出して、縮小率を1/50と1/10に設定すればそれでOK。
これはもう非常に便利なんです。

実際にやってみると、こうした状況の為にペーパー空間が用意されているんだな…と実感する事が出来ると思います。
今回はペーパー空間の概念という事で、言葉だけの説明になってしまい、あまり分かりやすくなかったかも知れません。

次回はもう少し具体的な説明を画像付きで紹介したいと思います。

関連記事

  1. 実際に使うプリンタは限られる
  2. ビューポートの作成手順
  3. 周囲と合わせる必要もある
  4. 印刷時の設定項目
  5. ビューポートとは何か
  6. PDFデータを送付すると親切