オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

分解(EXPLODE)-1

今回紹介するAutoCAD(オートキャド)の編集系機能は、分解と呼ばれる機能になります。
AutoCAD(オートキャド)の図面データを構成する要素が色々ある中で、この分解機能が重宝する場面は結構あると思います。

ただし分解が重宝する機能とは言いつつも、移動機能などと較べてしまうと少し使いどころが難しい機能でもあります。
なので、実際に図面を作図・修正していく中で、どのようなタイミングで使っていけば良いのかも一緒に考えていければと考えています。

まずは分解機能がどのような動きをするのかですが、これは機能の名前でなんとなく想像が出来るのではないかと思います。
ポリラインやブロックなど、AutoCAD(オートキャド)として一つの塊になっている要素をバラバラに分解することが出来る。

これが分解機能の概要になります。

ポリラインやブロックが持っている大きなメリットとして、複数の線分などを一つのまとまった要素として取り扱う事が出来る、というものがありました。
ブロックであれば複雑でたくさんある要素をまとめておき、それを好きなタイミングで呼び出す事が出来るという便利さがあります。

ポリラインであれば、複数の線分をポリラインとしてまとめておく事で、オフセットなどを一括で処理する事が出来たりもします。
また、単純な線分をポリラインにすることによって、その要素の太さという設定を与える事も出来て、こちらも結構重宝する機能です。

しかしそうしてまとめられた複数の要素は、分解することによって、別々の要素になってしまう事になります。
それはつまり、ブロックやポリライン機能が持っているメリットを手放してしまう事を意味しています。

今回紹介する分解機能は少し使いどころが難しい、という話を先ほどしましたが、理由はこのあたりにあるんです。
せっかく特別な機能を持っているのに、分解することによってその機能が失われてしまう事になる訳です。

使いどころを間違えると「やっぱり分解しなければ良かった…」というような状態になる可能性があるので注意が必要です。
私もそう思った経験が結構あって、そうなると色々と操作の手間が増えてしまうことになるので、効率が悪いんですよね。

ただ、ポリラインもブロックも、場合によってはひとつの要素としてまとまっている状態が困る時もあります。
そうした時には分解機能を使ってバラバラにしてから編集したくなるはずなので、分解機能が非常に便利に感じる場合もあります。

結局はAutoCAD(オートキャド)を使う側次第という事に。
なので使う側としては、分解機能がどのような特徴を持っているのかなど、しっかりした知識を持っておく事が重要になってきます。

と言うことで、まずは分解の簡単な流れがどのようになっているのかを確認してみる事にしましょう。
まずは分解機能がどこに配置されているのかを調べてみると「修正」の中にボタンが用意されている事が分かります。

分解コマンドの場所

アイコンに注目すると、箱が分解機能によってバラバラになる、というようなイメージなのかな、という感じですね。
昔はダイナマイトみたいなアイコンが使われていて、何もかもバラバラにするというイメージで結構納得した記憶があります。

昔の分解コマンドボタン

分解機能のコマンド名が EXPLODE(爆発する)なので、絵としては正解ですよね。

私はあまりアイコンを使わないので、いつの間にかちょっとソフトなイメージになっている事につい最近まで気がつきませんでした。
分解機能の使用頻度としては、大事な機能ではあるものの、そこまで頻繁に分解を繰り返すという事はあまりないと思います。

そのあたりの使用頻度を考えると、使うときにアイコンをクリックして使っていく、というやり方で充分です。
コマンドエイリアスに割り当てても良いのですが、頭文字が「E」のコマンドで使用頻度が高い機能が結構多いんです。

そう考えると「EX」などの二文字で設定しておくのが良いかも知れません。
具体的な分解機能の流れについては次回に詳しく説明をしていく事にします。

関連記事

  1. 回転機能のイメージ
  2. 尺度変更のイメージ
  3. 拡大縮小のイメージ
  4. 複写機能の解説続き
  5. シンプルな機能でオートキャド(AutoCAD)に慣れていく
  6. 尺度変更?