オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ツールバーのカスタマイズ-2

AutoCAD(オートキャド)のコマンドを実行する方法として、クラシックメニューとも呼ばれるツールバーを活用する方法があります。
前回はそのツールバーをカスタマイズ方法について説明をしている途中で終わってしまいました。

なので今回は引き続き、ツールバーをカスタマイズするの具体的な手順について説明をします。
「ユーザインタフェースをカスタマイズ」画面を表示させたところまで前回は説明が進んでいるので、今回はその続きから。

ツールバーのリストを表示

上図を見て頂ければ分かりますが、ツールバーにはたくさんの種類が用意されています。
ツールバーの名前を見ていくと、コマンドの大まかな種類によってそれぞれ異なるツールバーに分けられていることも分かります。
例えば「作成」の左にある「+」ボタンをクリックして展開してみると…

作成ツールバーを展開

このように「線分」や「ポリライン」などの作図系コマンドが配置されています。
カスタマイズの基本は無駄を省くことで、ツールバーで言えば「あまり使わないコマンドを表示しない」こと。
それによって使用頻度が高いコマンドの実行をスムーズにするという狙いがあります。

なので、例えば作成ツールバーでは「構築線」や「楕円弧」などの、使用頻度が低めのコマンドを表示しないように消していきたいと考えます。
その場合は消したいコマンドの上で右クリックして「除去」を選択することで、必要のないコマンドを消すことが出来ます。

不要なコマンドを除去

新しくコマンドを追加したい場合は、画面下側にある「コマンド一覧」から追加したいコマンドを探して、ドラッグすればOKです。
例えば作成ツールバーに「マルチライン」コマンドを追加したい場合。

コマンド一覧には非常にたくさんのコマンドが表示されているので、検索バーに「マルチ」と入力してみましょう。
そうするとコマンド一覧は「マルチ」が含まれるコマンドのみに絞り込まれるので、マルチラインコマンドをクリックしたまま…

ドラッグによりマルチラインコマンドを追加

作成ツールバーまでドラッグしていき、追加したい場所で離せば、下図のようにマルチラインコマンドを追加することが出来ました。

マルチラインコマンドを追加した状態

今回の操作はあくまでもサンプルで、別にマルチラインが頻繁に使うコマンドという訳ではありませんが…
このように不要なコマンドを消していき、逆に必要なコマンドを追加していくことで、本当に使うボタンだけが画面に表示されるようになります。

これがツールバーをカスタマイズする大きな理由です。

ツールバーを表示して作図していくスタイルの場合、ボタンが少し小さい分だけたくさんのボタンを表示することができます。
ただ、ボタンが小さいことはメリットではありますが、あまりにもたくさんのボタンがある状態だと操作しやすいとは言えません。

なので、確実に使うボタンだけを画面上に表示させておき、一週間に一度くらいしかクリックしないようなコマンドはもう表示しないでおく。
そんな考え方でコマンドを厳選していくと、ツールバーも非常にスッキリして使い勝手が良くなるのではないかと思います。

たくさんの機能があるのは良いことではありますけど、滅多に使わないコマンドがずっと画面上に表示されている状態はあまり効率的とは言えません。
ボタンをクリックする場合に選択肢が多すぎると迷うし、クリックの間違いも起きやすいので、必要最小限の表示に抑えておいた方が使いやすいはずです。

ツールバーに配置されているコマンドをカスタマイズする具体的な手順はこんな感じで進めればOKですが、次回にもう少し続きます。

関連記事

  1. リボンメニュー内にツールバーを表示
  2. 様々なやり方を組み合わせる
  3. ツールバーのカスタマイズ方法
  4. 一時優先キーの考え方
  5. ショートカットキーのカスタマイズ方法
  6. 仕事はあくまでも時間がベース