オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ブロックエディタを使ったブロック編集

既に作成されていて、なおかつ図面上に配置されているブロックの形状を編集したくなった場合、どのような選択肢があるのか。
前回からはそのあたりについて説明をしています。

・分解して再定義

・ブロックエディタで編集

・ブロックのインプレイス編集

選択肢としては上記の操作があって、前回はまず「分解して再定義」という最もシンプルでオーソドックスなやり方を紹介しました。
既に知っている分解(EXPLODE)コマンドとブロック作成(BLOCK)コマンドだけを使うので、非常に分かりやすく悩む事も少ないやり方ではないかと思います。

ただ、シンプルで分かりやすい方法が常にベストだとも限らないので、今回はもう少し新しいやり方として「ブロックエディタ」を使う方法を紹介していきたいと思います。
ブロックエディタというとなんだか難しいそうな雰囲気がするかも知れませんが、もちろんそんな事はありません。

単純にオートキャド(AutoCAD)が用意してくれている機能を選択するだけなので、特に悩む事もなく使えるのではないかと思います。
ブロックエディタコマンドの場所は「挿入」タブ内「ブロック定義」グループの一番右、以下の場所に用意されています。

ブロックエディタの場所

上記「エディタ」ボタンをクリックすると、下図のように「ブロック定義を編集」という小さめのダイアログBOXが表示されます。

編集したいブロック名を選択

この「ブロック定義を編集」ダイアログBOXが表示されたら、編集したいブロック名を一覧の中から選択する事になります。
今回の場合は「椅子A」というブロックを編集したいので、「椅子A」を選択してみると、どんなブロックなのかがプレビュー表示されました。

選択したブロックのプレビュー表示

このプレビューで編集したいブロックなのかを確認したら、画面下側にある「OK」をクリックすると、作図中の画面が一気に変わります。

ブロックエディタの画面

画面全体をキャプチャしたのでかなり小さくて見づらいですが、現在作図中の図面が一時的に表示されなくなります。
そしてブロック「椅子A」を構成する要素だけが編集出来る状態に。
これがブロックエディタの画面になります。

ここでは普通に図面編集をする事が出来るので、移動や削除コマンドなどを使って椅子の形状を自由に編集していきます。
今回はシンプルに図形を編集するだけにして、編集が終わったら画面右上付近にある「エディタを閉じる」ボタンをクリックします。

ブロックを更新するかの確認

そうすると上記のように「椅子A」というブロックを更新するかどうかをオートキャド(AutoCAD)が確認してくれます。
今編集した内容を全てのブロックに反映したい場合は「変更を椅子Aに保存」をクリックして、ブロックエディタを終了します。

これで通常の作図画面に戻り、「椅子A」というブロックは今編集した内容に合わせて一式更新される事になります。
ブロックエディタを使用したブロックの編集はこれで完了です。

ブロックエディタには「パラメトリック」とか「パラメータ管理」などの機能も用意されていて、使いこなす事が出来れば非常に便利です。
ブロックにパラメータを付与して、その数値を変える事によってブロックの形状を切り替える事が出来る、という便利機能なのですが…

そのあたりの説明を始めるとさらに長くなってしまうので、まずはシンプルにブロックエディタの使い方についての説明だけにしておきます。

ただ、一通りオートキャド(AutoCAD)の操作に慣れて来たと感じたら、ぜひこの「パラメトリック」と「パラメータ管理」に挑戦してみて欲しいです。
ここまでやると使いこなしている感じが結構あるし、何より本当に便利なのでいずれ詳しく説明してみようと思います。

関連記事

  1. ブロックを他の図面にコピー
  2. ブロック機能
  3. ブロック機能のまとめ
  4. ブロック機能のまとめ
  5. インプレイス編集の手順
  6. ブロックがどこに保存されるか