オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

画層のフリーズ・ロック状態を元に戻す

画層表示をコントロールする事が出来る便利な機能で、必要な画層だけを表示させて作図や修正を進めると作業効率が結構良くなります。
これは恐らく、あまり必要がない情報を一時的に消す事で、本当に必要な情報だけにフォーカスして作業が出来るからだと思います。

もう少し単純な表現をすると「余計なものは見えない方が分かりやすくて楽」という事ですね。
人間は基本的に、そこまでたくさんの情報を一度に処理出来ない傾向にあるので、出来るだけやることをシンプルにした方が良いんです。
…って、これは私だけではないですよね、きっと。

そうした便利な機能と対をなす機能として、前回は「全画層表示」という機能と「選択した要素以外の画層を非表示にした状態を元に戻す」という機能を紹介しました。
どちらも似たような機能ではありますが、状況と好みに応じて使い分けるか、どちらかだけを使うでも大丈夫だと思います。

さて、今回も画層関連の機能について説明を続けます。

□全画層フリーズ解除

以前紹介した機能の中に「選択したオブジェクトの画層をフリーズ」という、画面上でフリーズしたい要素を選択するだけで自動的にフリーズしてくれる便利な機能がありました。
今回紹介するこのコマンドは、そうしてフリーズした画層をワンタッチで全部解除してくれるという、こちらもまた便利な機能になっています。

ボタンの場所はここです。

全画層フリーズ解除

上記のボタンをクリックすると以下のような表示が出ます。

コマンド: _laythw
すべての画層がフリーズ解除されました。

これは前回紹介した「全画層表示」機能と同じで、問答無用で全画層のフリーズを解除する機能なので、ボタンをクリックする事以外にやることはありません。
この機能は確かに便利な機能ではありますが、全画層を表示状態にする機能に比べると、少し危険度が高いコマンドだと思います。

基本的にフリーズにする画層というのは「しばらくは手を付けないから選択すら出来ないようにしておくか」という感じで使います。
ちょっと作図や修正をする為に一時的に非表示にしておく、という状態とニュアンスは結構違うのが伝わるでしょうか。

それを一括で元に戻す機能。
言葉を変えると「せっかくフリーズにしておいた画層を一括で解除にしてしまう機能」とも言える機能なので、ちょっと取り扱いには注意が必要かも知れません。

□ロック解除

これも以前紹介した「選択したオブジェクトの画層をロック」機能と対をなすコマンドで、ロックされている要素を選択する事によってロックを解除してくれます。
使い勝手は先ほど紹介した「全画層フリーズ解除」と同じで…と言いたいところでしたが、実際の操作感はかなり違ってきます。

ロック解除

コマンドの場所は上図の通りで、ボタンをクリックすると以下のような表示が出ます。

コマンド: _layulk
ロック解除したい画層上にあるオブジェクトを選択:

今までの流れを考えると、ボタンをクリックした瞬間全てのロックされた画層がロック解除になるのが正解ではないか、という気がします。
しかし現実は少し違っていて、ロック解除したい画層を画面上から地道に選択していくという手間が必要になっています。

どちらが便利だったか、という検証をしてもあまり意味はなく、現実は一括でロック解除にならないのでもう仕方がありません。
ロックを解除したい要素を選択すると、以下のような表示が出てコマンドは完了します。

画層 “壁” がロック解除されました。

よく考えると、ロックに関しては個別に解除していった方が便利なのかも知れません。
まあ私はロック機能を使わないので全然関係ないですが…

関連記事

  1. Bylayerの考え方
  2. 表示機能のまとめ
  3. 表示順序の便利な機能
  4. Bylayerの使いどころ
  5. 寸法を記入する方が便利な場合も
  6. ホイールマウスを使った画面移動