オートキャド(AutoCAD)のプロになる為に

オートキャド(AutoCAD)を使って実際に図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念すぎますよね。ただ、これからAutoCAD(オートキャド)を覚えようとしている方にとって、覚え[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的には自分の知識はきっと足りないと感じて在宅勤務を諦めることになりました。今思い出してみるとかな[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く」という言葉がありますが、CADオペレーターの仕事はまさにこれです。[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面のジャンルは本当に様々です。その中でどんな図面を描いていくのか、そのための知識というのは必要に[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合であれば、当然人を募集した後は教えて成長してもらわないといけません。いずれにしても人に仕事を教[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけではなく、もっと別の勉強が必要になってくることもあります。それが実際に自分で作図するのではなく[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来るかも知れないという「今さらそんな…」という内容に。ちょっと今までの話とは違う内容だったので、[...]

    続きを読む

どんな種類の図面を描くのか

仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。
もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合であれば、当然人を募集した後は教えて成長してもらわないといけません。

いずれにしても人に仕事を教える機会というのはいつかやってくるので、そのつもりで自分のスキルを高めていくのも良いと思います。
人に教える時間があったら自分のスキルを磨いていきたい、と思う方もいるかも知れませんが…
人に教えることと自分のスキルを磨くことは全然方向性の違うことではありません。

実際にやってみると、人に分かりやすく教えるためには、教える内容について自分が深く理解していないといけない、ということが分かります。
何となく知っているだけでは教えることが出来ないんですね。
逆に、今まで自分が特に考えないでやってきたことが分かったりもします。

そうなると結局教えるために自分で再度勉強をしたりも必要になってきて、結果として人に教えることで自分の知識とスキルが磨かれることに。
人に仕事を教えることで、自分の中にある知識やスキルは確かなものになる場合が多いので、そうした機会があればぜひ挑戦してみて頂きたいと思います。

さて、今回はAutoCAD(オートキャド)を使った仕事のステップとして、作図する図面の内容について勉強することについて考えてみる事にします。

AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く、あるいは作図された図面を修正するという仕事はたくさんあります。
今までは「AutoCAD(オートキャド)を使って」という部分にフォーカスしてきましたが、実際にはどんな図面を描くのかという部分がかなり重要になってきます。

建築・設備・土木・機械など、図面のジャンルは多岐に渡ります。
その中でどんな図面を扱うのかというのは、きっと働いている会社によって大きく変わってくることになると思います。

図面の種類は様々

建築系の会社であれば当然建築関連の図面を描くことになるし、設備系の会社であればやはり設備関連の図面を描くことになる。
他の分野でも同じで、自分がどんな会社で働いているかによって、扱う図面のジャンルは大きく変わってくることになります。

ざっくりと「建築関連の図面」「設備関連の図面」と表現しましたが、実際にはその中でも細かく様々な分類があって、かなり奥が深い世界になっています。
これはきっとどのようなジャンルの図面でも同じではないかと思います。

実際の仕事でAutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くとなると、自分がどんな図面を描いていくのかというと…
恐らく最初は図面の内容に関する知識がなくて、図面を描いていきたくても手が進まない状態ではないかと思います。

なので最初の内は恐らく「チェックされた図面」を見て、そのチェック内容に従って修正していくという仕事がメインになるのではないかと思います。
そうした仕事であれば、AutoCAD(オートキャド)の操作が出来れば、特に図面の内容についての知識は必要ないですから。

それでも知識がないと、チェックされた図面に書かれている内容も分からなくて、どんな修正をしていけば良いのか悩むことも多いはず。
そうなると、もうAutoCAD(オートキャド)の操作がどれだけ早くて無駄がなくても、手が止まってしまう状態になってしまいます。

きっと図面を描く仕事をはじめた段階は皆そんな感じではないかと思います。
少なくとも私はそうだったので、結局AutoCAD(オートキャド)の操作だけでは足りないんだなと感じた記憶があります。

関連記事

  1. 初心者がやりやすい仕事
  2. 行き先は人によってそれぞれ
  3. 新しい分野の勉強をする
  4. 操作スピードと年齢の関係
  5. 短時間で正確な図面を
  6. チームのリーダーになっている場合も