オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

共通で使う事が出来るブロックとは

今現在作図している図面データで作成したブロックを、別の図面データにコピーするには、クリップボードへのコピーと貼り付けを利用するのが便利です。
いわゆる「コピペ」と呼ばれる操作で様々なソフトで同じ操作ができるので、ここで改めて説明する事もないとは思いますが…

この操作はオートキャド(AutoCAD)でも充分便利に使う事が出来るので、積極的に使っていく事をお勧めします。
前回の手順では、貼り付けをした際に貼り付け先のデータでブロックが作成される事になる、という説明をしました。

しかしその際に、貼り付け先のデータで同じブロック名が既に存在していたとしたら…
貼り付けた瞬間に、貼り付けるブロックの形状が全然違う形にすり替わる事になります。
これは一度で、あえて同じブロック名でなおかつ違う形状のブロックが存在する図面同士で、コピーペーストをやってみると、もう非常に分かりやすく納得出来ると思います。

このあたりを考えると、やはりブロック名は少し長くて扱いがシンプルではなくなったとしても、被る確率が低い日本語を使う方が良いのかも知れません。
まあこうした「事故」はそう頻繁に起こる事ではないので、必要以上に気にする必要はないとは思いますが…

万が一「おかしい…」と感じた時に、原因のひとつとしてすぐに気がつく程度の知識は持っておきたいところです。
こうした現象は特に変な操作をしていない状況で発生する訳で、そうなると「何もしていないのに変な状態になった」という事になってしまいます。

もちろん単にコピーペーストしただけで図面内のブロックが変な形状になったとしても、コピーペーストした方が悪い訳ではありません。
しかしそこですぐに原因を察知出来ないようでは、オートキャド(AutoCAD)のプロとして少し寂しいと言うのも正直なところ。

そうならない為にもある程度知識が必要になる、という事で、あまり発生する頻度は高くないものの、ブロックが持っている危険な側面についてしつこく書いてみました。

さて。

そうした危険はありつつも、それでもやはりブロック機能は便利なので、出来れば上手く使いこなしていきたい機能です。
今回は今まで説明してきたブロック作成とは少し違い、作図している図面内だけで使えるブロックではなく、完全に別の図面データとしてとして作成するブロックを紹介したいと思います。

…ちょっと説明が分かりにくいですね。

今まで説明してきたブロックは、ブロックを作成した際の図面データ内ですぐに呼び出す事が出来るブロックでした。
別の図面データにも同じブロックを作成したい場合には、前回紹介したように「コピーペースト」を使ってブロックをコピーして登録する必要があります。

これは手軽さという意味では非常に優れたやり方ではないかと思います。

しかし今回紹介するブロックは、作成するブロックを別の図面データとして保存してくれるので、どの図面に対してもすぐにブロックを呼び出す事が出来ます。
この違いは結構大きいと思いますがいかがでしょうか。

どの図面を開いている状態でも呼び出す事が出来る、という事で、使い道としては「あらゆる図面で登場する基本的な図形」を登録しておくのが良いでしょう。
それがどんな形状の図形なのかは作図している図面によって違いますが、そうした基本的な図形というのはどんなジャンルの図面にもあると思います。

少し説明が長くなってしまったので、このブロックを作成する手順などについては次回に詳しく説明していく事にします。

関連記事

  1. ブロック作成の手順
  2. ブロック定義コマンドの手順
  3. ブロックエディタの活用方法
  4. ブロック作成手順
  5. ブロック書き出しの手順
  6. ブロック名の付け方について