オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

働き方について考える

AutoCAD(オートキャド)を覚える為に、実際のソフトを購入するかどうか、というあたりについて前回は少し考えてみました。
コストが大きく絡む話でもあり、人によって色々な状況がありますから、これが正解というような事は言えないのですが…

それでもどんな選択肢があるのかについて知っておくのは悪いことではないので、結論が出ないとは思いつつも話題として取り上げてしまいました。

今は昔ほどパソコンやソフトなどは高額ではないので、思い切って自宅に一式揃えてしまうのも、ひとつの選択肢だと思います。
ただ、こうしたやり方は「形から入る」と言われる種類のものに近いので、勉強を継続できるかが若干心配ではあります。

ジョギングを始めようと思い立ったらすぐにシューズとウェアを買ってきて、結局翌日雨が降っていたりして一度も走ってない、みたいな感じになる可能性もありますから。
しかし道具を揃える事によって気合いが入って意識が変わる事も多いので、こうした行動にも大きなメリットがあるという事実もあります。

また、自分ですぐにAutoCAD(オートキャド)を使える環境があるという状況が、覚える為に有利であることも間違いありません。
と言うことで、結局はAutoCAD(オートキャド)を買った方が良いのかが明確ではなく、結論の出ない話を続けてしまいましたが…

在宅勤務

自宅にAutoCAD(オートキャド)一式が必要な場合というのは、在宅勤務を目指す場合であり、会社に勤める事を考えている場合はそこまで揃えなくても大丈夫です。
前回紹介したように、体験版である程度しっかりと勉強していき、その後は仕事でさらにスキルを高めていくという流れが理想ではないかと思います。

あとは自分の行動をどれくらいコントロール出来るかという話になるので、以前も書いたようにゴール地点を明確にして頑張るしかありません。
AutoCAD(オートキャド)を購入するかどうかに関わらず、結局覚える為にやるべき事は同じで、驚くような裏技とか近道とかはないです。

それを踏まえてどうやって覚えていくか、というあたりの判断については、少し先を意識しつつ自分で色々と考えてみることをお勧めします。
色々悩んで決めた事であれば、恐らくはそれが本人にとっての正解のはずですから。

このあたりの判断は、AutoCAD(オートキャド)を使って最終的にどのような働き方をしたいのか、という考え方によって変わってくるものです。
当サイトで「こうあるべきです」と断言できるような単純な話ではないので、ここでは少し曖昧な表現になってしまうことをご了承ください。

とは言っても、最終的に在宅勤務を目指すのか、あるいは安定をもとめて会社に勤務することを選ぶのかという選択肢がある事は意識しておいた方が良いでしょう。
最終的にはどこを目指しているのか、というあたりが明確になっている方が、間違いなく力を発揮することが出来ますから。

一定のスキルがあって、自宅にパソコンとAutoCAD(オートキャド)が用意されていて、信頼関係が出来ていれば在宅勤務は割と現実的な話になります。
なので、もし在宅勤務を目標としている方であれば、上記の条件を満たす事が出来るように努力をしていくことが目標になるかと思います。

ただ、そうした条件を満たすことを検討していくと、結局は会社で働いてスキルを高めつつ、相手との信頼関係を築くことが現実的だという事にも気がつきます。
このあたりの話は、図面を在宅勤務の方に発注する側の立場から考えてみれば、自然と分かってくることではないかと思います。

そう考えてみると、在宅勤務というのはそれほど簡単なものではないかも知れない、という事が分かってくると思います。
次回は在宅勤務を目指す場合についてもう少し考えてみましょう。

関連記事

  1. 勉強の繰り返し
  2. 建築図面の例
  3. アイスクリームディッシャー
  4. ステップアップ
  5. 固定の出費
  6. CADの求人