• 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む
  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む

の記事一覧

印刷結果と色の関係

色と印刷スタイルの関係

オートキャド(AutoCAD)で作図した図面はA1サイズの用紙に印刷される事が多いですが、A3サイズに50%縮小して使われる事も意識する。 前回はそんな話を紹介しました。 作図する側としては、まずどんな用紙サイズで印刷する図面なのかを意識しておく事が重要で、その上で縮小する事も可能性としてあると考え […]

続きを読む

印刷結果と色の関係

色の設定と印刷結果と

画層プロパティ管理画面ではそれぞれの画層毎に色の設定を変更する事が出来るので、出来るだけ見やすい適切な色設定が重要になってくる。 前回はそのような説明をしましたが、色の設定というのは何も画面上での操作のしやすさだけで決めるものではありません。 そのあたりの話を前回は説明出来ていなかったので、今回はオ […]

続きを読む

カラフルな状態

データ上で色を分ける理由

AutoCAD(オートキャド)で作図した図面を印刷する際には、基本的には白黒で印刷する部分が大半になってくる。 そんな話を前回は取り上げて、その理由についてもあわせて考えてみました。 図面を白黒で印刷する場合であっても、AutoCAD(オートキャド)の操作画面を見るとカラフルになっている場合が多いの […]

続きを読む

地道にステップアップ

CAD上での色の考え方

AutoCAD(オートキャド)で図面を作図する前に、CAD的な面での準備ということで、初期設定関連の話をこのカテゴリでは取り上げています。 前回までの話では、最初になぜか用意されていない線種をロードする方法や、そのままだと表示されない可能性がある線のピッチを調整する方法について説明をしてきました。 […]

続きを読む