オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

表示の記事一覧

キーボードとコマンドの関係を覚える必要がある

リボンメニューかツールバー表示か

AutoCAD(オートキャド)を効率的に使っていくために、コマンドをどのように使っていくのが正解なのか。 こうした考え方にずばり正解というものはありませんが、当サイトではどのように考えているかを前回は考えてみました。 ・線分や移動など一般的なコマンド → コマンドエイリアス ・外部参照など使用頻度が […]

続きを読む

リボンメニュー内にツールバーを表示

リボンメニューでもツールバー表示を

前回はAutoCAD(オートキャド)のウインドウ上部にコマンドを追加させる、クイックアクセスツールバーの具体的なカスタマイズ方法を紹介しました。 リボンメニューから追加したいコマンドを右クリックして「クイックアクセスツールバーに追加」をクリックするだけの簡単な設定なので、ぜひ色々試してみて頂きたいと […]

続きを読む

クラシックメニューについて

AutoCADのクラシックメニュー

オートキャド(AutoCAD)の操作方法をカスタマイズする前に、まずは基本的な操作方法の選択肢がいくつあるのかについて考えてみる。 そんな話を前回からはしてきて、まずは最も標準的な操作方法であるコマンドのボタンをクリックする方法を紹介しました。 リボンと呼ばれるボタンの集まりから今実行したいコマンド […]

続きを読む

表示機能のまとめ

表示関連の機能まとめ-3

今回も引き続きオートキャド(AutoCAD)の表示系機能について簡単にまとめた内容を紹介していきます。 □UCSとWCS オートキャド(AutoCAD)で作図をする為に用意されているモデル空間では、X方向・Y方向・Z方向それぞれの座標が設定されています。 CAD側があらかじめ用意している座標系を「W […]

続きを読む

ZOOM機能の選択肢は色々

表示関連の機能まとめ-2

オートキャド(AutoCAD)の表示関連機能を簡単にまとめてみる、という事で前回から色々と説明をしていますが、少し話が長くなってしまい終わりませんでした。 今回は引き続き表示関連の機能についての話を続けていきます。 □線種尺度という設定 オートキャド(AutoCAD)では作図する為の空間として「モデ […]

続きを読む

表示機能のまとめ

表示関連の機能まとめ-1

さて、少し話が長くなってきましたが、オートキャド(AutoCAD)の表示関連機能についての説明は前回までで完了しました。 情報として完璧なのかというと正直微妙な部分もあって、まだ説明が足りていない部分もあるのではないかと思います。 しかし少なくともある程度の段階までは説明する事が出来ているので、後は […]

続きを読む

オブジェクトの表示順序変更手順

オブジェクトの表示順序調整方法

オートキャド(AutoCAD)では、線分や文字、ハッチングなどのデータに前後関係が存在して、その関係が印刷結果や表示に大きな影響を与えます。 前回紹介したように、ハッチングが一番手前に表示されてしまった場合には、その奥にある線分や文字などは結果として印刷や表示がされない事に。 データを見ると存在して […]

続きを読む

ハッチングの表示順序

オブジェクトの表示順序

前回はオートキャド(AutoCAD)で作図した要素を再度表示し直すという「再作図」と呼ばれる機能を紹介しました。 あまり作図が進む際の助けになるようなコマンドではないので、ちょっとというかかなり地味に感じたのではないかと思います。 実際のところはやはりイメージ通りで地味というか、そこまで頻繁に使うよ […]

続きを読む

表示非表示・ロックの状態を解除

画層表示・非表示の状態を元に戻す

オートキャド(AutoCAD)を使って作図をする際に、新しく作図する要素は全て「現在層」に設定してある画層に入るようになっています。 なので、どの画層を現在層に設定しておくのが効率的なのか、というあたりを考えながら作図していく事が求められます。 ただ、作図する前に画層を毎回適切に切り替えていく、とい […]

続きを読む

画層関連の便利機能

画層表示の便利な機能

オートキャド(AutoCAD)が持っている画層という機能は実際にどのように使っていけば良いのか、そしてどんなシーンで役に立つのか。 というあたりの話を今までいくつか紹介してきました。 図面を構成するそれぞれの要素ごとに画層を分けていき、画層毎に色や線種などを設定する事で、印刷する図面の見映えを調整し […]

続きを読む