オートキャド(AutoCAD)のプロになる為に

オートキャド(AutoCAD)を使って実際に図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 自動で保存する機能
    自動保存という機能

    AutoCAD(オートキャド)を使って作図した図面は「dwg」という拡張子のデータとして保存される事になります。そのデータをうっかり消してしまうと図面が消えてなくなってしまう、というのは結構普通の事で、非常に怖い事でもあります。こうした危険性についての話は、別にAutoCAD(オートキャ[...]

    続きを読む
  • 定期的なバックアップ
    万が一データが消えてしまうと…

    オートキャド(AutoCAD)で作図した図面はいわゆる「電子データ」なので、消えてしまうともう何も対処が出来ません。パソコンが壊れてしまうリスク、もう少し細かく言うとパソコン内部にあるデータを保存する部分が壊れてしまうリスクを考えると、やはりデータは万が一に備えておいた方が良い。前回はそ[...]

    続きを読む
  • データのバックアップについて考える
    データのバックアップについて

    前回は最新版のオートキャド(AutoCAD)を使う為の方法として、サブスクリプション契約について少し考えてみました。最初にまとまった金額を支払ってソフトを購入すると、その後の支払いがないので長い目で見れば安価になるかも知れません。しかしそうすると、年々そのバージョンは確実に古くなっていき[...]

    続きを読む
  • サブスクリプションという選択肢
    サブスクリプションという解決策

    新しいデータ形式に対応する事が難しくなるという理由だけではなく、オートキャド(AutoCAD)が新しく用意している機能を使う機会が得られない。古いバージョンのオートキャド(AutoCAD)を使い続けるのは、確かに慣れているからスムーズに使えるというメリットもありますが、やはりデメリットもあるもの[...]

    続きを読む
  • 古いバージョンが常に良い訳ではない
    古いバージョンに合わせる場合でも…

    オートキャド(AutoCAD)を使ってどんな図面を作図するのか。それによって多少は違ってくるはずですが、ひとつのプロジェクトで必要な図面を全て一人で作図する、というような事は少ないと思います。そうなると色々な方と図面を描いていく事になって、そうなると様々なバージョンのオートキャド(Aut[...]

    続きを読む
  • 古いバージョンで図面を保存
    古いバージョンで図面を保存する

    同じオートキャド(AutoCAD)で作図した図面でも、新しいバージョンで作図したdwgデータが古いバージョンでは開けない場合があります。なぜこうした問題が発生するのかというと、毎年新しいバージョンのオートキャド(AutoCAD)が発売されるからですが…これはもう企業として当然の動きなので[...]

    続きを読む
  • データ形式の違い
    AutoCADのバージョンによるデータ形式の違い

    オートキャド(AutoCAD)以外のCADで作図された図面を読み込んだり、あるいは作図した図面を他のCADで開けるような形式で書き出したり。そうしたデータ変換には「dxf」という中間ファイル形式を利用する事になる、という話を前回までの説明では取り上げました。ただ、dxfデータ変換も完璧で[...]

    続きを読む

アーカイブページ

ZOOM機能のサブメニュー

ズーム(ZOOM)機能の色々

前回はオートキャド(AutoCAD)特有の、作図画面を拡大したり縮小したりする「ズーム(ZOOM)」と呼ばれる機能を紹介しました。 オートキャド(AutoCAD)特有というとなんだか非常に特殊な感じがしてしまいますが、こうしたズーム機能というのは恐らく全てのCADに備え付けられているはず。 A1サイ […]

続きを読む

ZOOM機能

ズーム(ZOOM)

自分の手で図面を描く場合に比べて、オートキャド(AutoCAD)で作図をする場合に便利な事は色々とあります。 もちろん手描きの方が優れていて効率的と思われる部分もあるので、何が何でもCADが最高という訳ではありませんが… 「こっちは手描きが有利だけどこっちはCADで…」という感じでプラスマイナスで考 […]

続きを読む

線種尺度の設定方法

線種尺度の設定方法

AutoCAD(オートキャド)で作図する図面内に色々な線種を表現していく為には、線種尺度という設定が必要になる。 そんな話を前回は紹介しましたが、今回はその理由と具体的な設定方法について考えてみることにしましょう。 まずは線種尺度の調整が必要な理由から。 AutoCAD(オートキャド)はそのままの大 […]

続きを読む

手描きで点線を描くのは大変

線種尺度の考え方

図面というのは線や円、文字や寸法線など様々な要素によって構成されています。 これはAutoCAD(オートキャド)を使って作図するかどうかに関わらず、恐らく全ての図面に当てはまる事ではないかと思います。 単純に線を引いただけではその線分が何を表しているのかが分かりにくい為、文字によってその情報を補足し […]

続きを読む

まずは基本を固める

画層機能を覚えるにあたり…

オートキャド(AutoCAD)の画層に関わる機能について、少し長くなりましたが今まで色々な説明をしてきました。 説明を進めていく中で、画層については「最初に覚えるのは少し大変だけど覚えてしまえば便利な機能」というようなニュアンスの話を何回かしたと思います。 これは本当にその通りだと思っています。 ち […]

続きを読む

オブジェクトを指定の画層に移動

オブジェクトを指定の画層に移動

オートキャド(AutoCAD)で作図を進める際に「現在層」が重要な役割を果たす、という話は以前も紹介した通りです。 新規で作図する要素は全て現在層に設定している画層に入る事になる。 これが現在層という考え方なので、後々きちんと画層を分けて管理していく事を考えると、出来るだけ適切な画層を現在層にしてお […]

続きを読む

フリーズ・ロック状態を元に戻す

画層のフリーズ・ロック状態を元に戻す

画層表示をコントロールする事が出来る便利な機能で、必要な画層だけを表示させて作図や修正を進めると作業効率が結構良くなります。 これは恐らく、あまり必要がない情報を一時的に消す事で、本当に必要な情報だけにフォーカスして作業が出来るからだと思います。 もう少し単純な表現をすると「余計なものは見えない方が […]

続きを読む

表示非表示・ロックの状態を解除

画層表示・非表示の状態を元に戻す

オートキャド(AutoCAD)を使って作図をする際に、新しく作図する要素は全て「現在層」に設定してある画層に入るようになっています。 なので、どの画層を現在層に設定しておくのが効率的なのか、というあたりを考えながら作図していく事が求められます。 ただ、作図する前に画層を毎回適切に切り替えていく、とい […]

続きを読む

現在層の意味と活用

現在層の意味と便利な機能と

前回は「選択したオブジェクトの画層をフリーズ」という便利な機能を紹介しましたが、その中で少し説明していない内容が出てきました。 現在層はフリーズ出来ないというルールがあるので、この機能で選択したとしてもフリーズにはなりませんという説明をしましたが… そもそも「現在層」という考え方についての説明が出来 […]

続きを読む

画層関連の便利機能

画層関連の便利な機能

オートキャド(AutoCAD)を使って作図する図面で細かく画層を分けていくのは、作図や修正の作業をスムーズに進められるからという理由がひとつあります。 その為に用意されている画層関連の便利な機能について、前回は幾つか紹介する事が出来ました。 ・選択した要素の画層を全て非表示 ・選択した要素の画層だけ […]

続きを読む