オートキャド(AutoCAD)のプロになる為に

オートキャド(AutoCAD)を使って実際に図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 自動で保存する機能
    自動保存という機能

    AutoCAD(オートキャド)を使って作図した図面は「dwg」という拡張子のデータとして保存される事になります。そのデータをうっかり消してしまうと図面が消えてなくなってしまう、というのは結構普通の事で、非常に怖い事でもあります。こうした危険性についての話は、別にAutoCAD(オートキャ[...]

    続きを読む
  • 定期的なバックアップ
    万が一データが消えてしまうと…

    オートキャド(AutoCAD)で作図した図面はいわゆる「電子データ」なので、消えてしまうともう何も対処が出来ません。パソコンが壊れてしまうリスク、もう少し細かく言うとパソコン内部にあるデータを保存する部分が壊れてしまうリスクを考えると、やはりデータは万が一に備えておいた方が良い。前回はそ[...]

    続きを読む
  • データのバックアップについて考える
    データのバックアップについて

    前回は最新版のオートキャド(AutoCAD)を使う為の方法として、サブスクリプション契約について少し考えてみました。最初にまとまった金額を支払ってソフトを購入すると、その後の支払いがないので長い目で見れば安価になるかも知れません。しかしそうすると、年々そのバージョンは確実に古くなっていき[...]

    続きを読む
  • サブスクリプションという選択肢
    サブスクリプションという解決策

    新しいデータ形式に対応する事が難しくなるという理由だけではなく、オートキャド(AutoCAD)が新しく用意している機能を使う機会が得られない。古いバージョンのオートキャド(AutoCAD)を使い続けるのは、確かに慣れているからスムーズに使えるというメリットもありますが、やはりデメリットもあるもの[...]

    続きを読む
  • 古いバージョンが常に良い訳ではない
    古いバージョンに合わせる場合でも…

    オートキャド(AutoCAD)を使ってどんな図面を作図するのか。それによって多少は違ってくるはずですが、ひとつのプロジェクトで必要な図面を全て一人で作図する、というような事は少ないと思います。そうなると色々な方と図面を描いていく事になって、そうなると様々なバージョンのオートキャド(Aut[...]

    続きを読む
  • 古いバージョンで図面を保存
    古いバージョンで図面を保存する

    同じオートキャド(AutoCAD)で作図した図面でも、新しいバージョンで作図したdwgデータが古いバージョンでは開けない場合があります。なぜこうした問題が発生するのかというと、毎年新しいバージョンのオートキャド(AutoCAD)が発売されるからですが…これはもう企業として当然の動きなので[...]

    続きを読む
  • データ形式の違い
    AutoCADのバージョンによるデータ形式の違い

    オートキャド(AutoCAD)以外のCADで作図された図面を読み込んだり、あるいは作図した図面を他のCADで開けるような形式で書き出したり。そうしたデータ変換には「dxf」という中間ファイル形式を利用する事になる、という話を前回までの説明では取り上げました。ただ、dxfデータ変換も完璧で[...]

    続きを読む

3章 CADとその周辺機器の記事一覧

求人の多さがメリットのひとつ

当サイトで扱うCADとその理由

当サイトではAutoCAD(オートキャド)を操作する為に、プロとしてどのような使い方をすれば良いのか、というあたりにフォーカスして色々と書いていくつもりです。 やり方は人によって好みがあるので、私が書いている内容を全部取り入れるのではなく、「お!」と思った部分だけでも取り入れてもらえると嬉しいです。 […]

続きを読む

AutoCAD

管理人の場合はどうか

AutoCAD(オートキャド)を覚えようとする際に、少し方向性は違うけれどライバルになりそうな3DCADについて前回は考えてみました。 立体的に図形を構成していき、それを好きな角度から表現する事が出来る3DCADは、ぱっと見のイメージがものすごく良いものです。 そこはもうAutoCAD(オートキャド […]

続きを読む

二次元図面

3DCADにも弱点はある

AutoCAD(オートキャド)を覚えようと考えた際に、比較対象となりそうな3DCADについて前回は少し考えてみました。 覚える対象としてAutoCAD(オートキャド)と3DCADのどちらが良いのか、というのは覚える側にとっては結構重要な問題です。 もう少しはっきりと書くと「3DCADを覚えた方が将来 […]

続きを読む

2次元CADと3次元CADの違い

3DCADについて考える

AutoCAD(オートキャド)を使って仕事を効率良く進める為に、マウスをどのように使いこなしていくのか。 そのあたりの話を前回は色々と考えてみました。 効率の良いやり方というのは実際にはひとつではないので、当然「これが絶対の正解」とか「このやり方を選択するべき」というようなものは正直ありません。 た […]

続きを読む

ボール式マウス

マウスをどちらの手で使うか

前回はAutoCAD(オートキャド)を操作する際に使うマウスについて、どのような性能が必要になるのかを考えてみました。 追加ボタンの便利さは一度使ってみると痛感するはずですので、多少値段が高いマウスであっても良いので、高性能マウスを選定することをお勧めします。 これは恐らくボールから光学式になった為 […]

続きを読む

サイドボタンのあるマウス

マウスの選定方法について

AutoCAD(オートキャド)を使った図面を作図していく際に、どのようなスタイルで操作していくのかを考えてみると… ・利き手にマウスを持ってカーソルなどを操作 ・反対側の手でキーボード入力を行う 人によってスタイルは様々ではありますが、一般的には上記のようなスタイルで操作を進めていくのではないかと思 […]

続きを読む

改善の積み重ね

出来るだけ良い環境を目指す

前回は少し私の主観が多く入ってしまいましたが、仕事で使う道具について、どこまで高級な商品が必要なのかを考えてみました。 結論としてはそこまで高級な商品は必要ないという事になりましたが、ある程度の価格までの商品であれば、性能を考えると高い方が良い事は確かです。 もちろん一概に言えるような話ではあります […]

続きを読む

高級筆記用具

コストとのバランスを考える

前回は仕事でつかう文房具やマウスなどの道具をどのように考えるのか、というあたりの話を取り上げてみました。 仕事として使う道具にはこだわった方が良いのですが、その目的はあくまでも業務の効率化であり、道具にこだわる事が目的ではない… というような結論になった訳ですが、まあこれは考えてみれば当たり前すぎる […]

続きを読む

イケメン付箋

道具にこだわるべきか

AutoCAD(オートキャド)を使って仕事をする際に、出来るだけ効率良く作業することが出来るように環境を整える。 こうしたテーマでこのカテゴリでは色々と考えています。 そうした考えを突き詰めていくと、仕事を進めていく際に使う道具などについても色々と気になってくる部分が出たりします。 分かりやすい例を […]

続きを読む

4画面

ディスプレイのサイズについて

AutoCAD(オートキャド)を使って仕事をする環境と言うことで、前回はかなりシンプルにではありますが、パソコンまわりの環境について考えてみました。 どのような図面を作図するのかによって少し話が変わってくるのですが、色々な資料や図面を拡げることが多いので、袖机があった方が便利です。 という、割と当た […]

続きを読む