オートキャド(AutoCAD)のプロになる為に

オートキャド(AutoCAD)を使って実際に図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念すぎますよね。ただ、これからAutoCAD(オートキャド)を覚えようとしている方にとって、覚え[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的には自分の知識はきっと足りないと感じて在宅勤務を諦めることになりました。今思い出してみるとかな[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く」という言葉がありますが、CADオペレーターの仕事はまさにこれです。[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面のジャンルは本当に様々です。その中でどんな図面を描いていくのか、そのための知識というのは必要に[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合であれば、当然人を募集した後は教えて成長してもらわないといけません。いずれにしても人に仕事を教[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけではなく、もっと別の勉強が必要になってくることもあります。それが実際に自分で作図するのではなく[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来るかも知れないという「今さらそんな…」という内容に。ちょっと今までの話とは違う内容だったので、[...]

    続きを読む

最後に

前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。
別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。
こんな昔の話を自慢しているようでは残念すぎますよね。

ただ、これからAutoCAD(オートキャド)を覚えようとしている方にとって、覚えた後で考えるかも知れないことの参考に少しでもなれば。
そんなことを考えて、当サイトの最後にこうした話をしてみました。

当サイトではAutoCAD(オートキャド)のスキルを高めるための知識と情報を、色々と発信させてもらっています。
しかしそれだけでは充分ではないかも知れない。

これは少し表現が良くないですね…
AutoCAD(オートキャド)にスキルを身に付けた後は、その高いスキルを武器にして別のステップに進んでいく。
そんな感覚で考えていくと、自分が何を目標にしていけば良いのかが見えてくるかも知れません。

それが私にとっては図面に関する知識であり、その分野がたまたま建築だった訳ですけど、人によって選ぶ道はきっと違うはずです。
もちろん純粋にAutoCAD(オートキャド)のスキルをさらに高めていく、という選択肢もあると思います。

行き先は人によってそれぞれ

自分で考えて進んでいく方向であれば、それがどんな方向性であっても満足はあると思うし、それが本人にとって正解なのでしょう。
私が今現在建築の図面を描く仕事に満足しているように、自分で選択した道であればきっと満足なのではないかと思います。

そうした選択をする為には、少し自分のキャリアについて考えてみることが必要になってきます。
自分がどんな方向性で進んでいきたいのか。
これはしっかり意識して考えてみないと分からない場合があるので、ある程度時間をとってじっくりと考えてみると良いかも知れません。

経験と共に考え方が変わることもきっとあるでしょう。

そうした時には、変わった自分の考え方に従って目標を変えていくことになります。
そうして少しずつ自分にとって良い道を探し続け、その為に勉強をし続けるのがプロではないか。
ちょっと説教くさい話になっていますが、私はそんなことを考えています。

どんな仕事であっても継続して勉強を続けることには大きな意味があります。
「今の自分の知識はもう完璧」と思っている状態では勉強などするはずはなく、「自分の知識はまだ足りない」と思っていないと勉強などしないでしょう。

でも、完璧な知識を持っている人なんてどこにもいません。
そこにいるのはただ単に、現状に甘んじて勉強を怠っている人でしかありません。
それではプロとして寂しいので、仕事に関する知識を吸収して自分のスキルを高めていくことに貪欲になっていくことをおすすめします。

仕事をしている際にずっとギラギラと獲物を狙っているような感じでいる必要はなくて、そうした気持ちを常に持っているだけで大丈夫ですが…
常に自分を高めていこうと思っている方と、今のままでいいやと思っている方とでは、長い目でみるとかなりの差が付いてしまうんですよね。

ということで、少し結論がぼんやりしている気もしますが…
AutoCAD(オートキャド)を使った仕事をする為に役立ちそうな話はこれで終わりです。

もちろん全部の内容を仕事に取り入れる必要はなく、読んでみて「これは良いかもしれない」と感じた内容だけでも試してみて頂けると、情報を発信している側としては嬉しいです。

最後に…

私の場合は建築の図面に関する知識を身に付けるステップを選んだ、という話をしましたが、その方向性に興味のある方は以下のサイトが役に立つかも知れません。

建築の仕事と納まり詳細と

同じような見た目のサイトですが、私が同じように建築に関する知識を色々と解説していますので、興味のある方はぜひ。
と、最後は宣伝みたいなかたちで終わります。

今まで読んで頂きありがとうございました。

関連記事

  1. 図面の種類は様々
  2. チームのリーダーになっている場合も
  3. 初心者がやりやすい仕事
  4. 新しい分野の勉強をする
  5. 人に教えることの難しさ
  6. 操作スピードと年齢の関係