オートキャド(AutoCAD)のプロになる為に

オートキャド(AutoCAD)を使って実際に図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念すぎますよね。ただ、これからAutoCAD(オートキャド)を覚えようとしている方にとって、覚え[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的には自分の知識はきっと足りないと感じて在宅勤務を諦めることになりました。今思い出してみるとかな[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く」という言葉がありますが、CADオペレーターの仕事はまさにこれです。[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面のジャンルは本当に様々です。その中でどんな図面を描いていくのか、そのための知識というのは必要に[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合であれば、当然人を募集した後は教えて成長してもらわないといけません。いずれにしても人に仕事を教[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけではなく、もっと別の勉強が必要になってくることもあります。それが実際に自分で作図するのではなく[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来るかも知れないという「今さらそんな…」という内容に。ちょっと今までの話とは違う内容だったので、[...]

    続きを読む

図面の専門的な知識を身につける

AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。
そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的には自分の知識はきっと足りないと感じて在宅勤務を諦めることになりました。

今思い出してみるとかなり安易な動機付けだったなと感じますが、当時はその目標に向けてかなり真剣に努力をしていました。
だから諦めた時はちょっとショックだったし、その先どんな目標を設ければ良いのかで悩んだりもしました。

でも、その悩みはそれほど長くは続きませんでした。
私が次に目標とすべきなのは、在宅勤務を諦めた要素でもある「図面についての知識が少ないこと」を解消することではないかと思ったんです。
プロとして必要なもので、今の自分に足りないものは何かを考えると、答えはすぐに出ました。

AutoCAD(オートキャド)のスキルは恐らく大抵の方に負けない程度のレベルにあるし、今以上に進歩はするけれど、例えば極端な話として今よりスピードが倍になることはありません。
であれば、AutoCAD(オートキャド)のレベルは維持しつつも、それにプラスアルファとして図面の知識を身に付ければ強力な武器になるのではないか。

そんなことを考えた訳です。

なによりも、今の環境でずっと仕事を続けていったとして、5年後に自分がどんな仕事をしているのかを想像した時に、正直あまりワクワク出来なかった。
それならば今の環境を変えた方が良いのではないか、と思ったんです。

慣れた会社や周囲の環境を変えるのは大変なので、出来ればそんな苦労はしたくないという気持ちもかなり大きかったのは確かです。
しかし動かないことによる損失というか、そのままでいることの損失も考えた時に、やはり大変だとしても動いた方が良いと判断しました。

結果として私は建築関連の専門的な図面を描く仕事に就くことになり、またそこから自分の知識とスキルを高めるために勉強を始めました。
自分が知らないことを仕事にする訳ですから、上手くいかないのが当然というか、もう全然ダメというのが普通というか…

新しい分野の勉強をする

とにかくあまりにも自分って仕事が出来ないんだな…という状況で色々な知識を吸収していくしかありませんでした。
ただ、そんな厳しい状況であっても、AutoCAD(オートキャド)のスキルはいつも私の強力な武器であり続けてくれました。

建築に関する知識は全然ないけどやる気と覚える気持ちがあるし、AutoCAD(オートキャド)だけは早くて正確。
そして若い。
これが当時の私が持っている武器でした。

かなり苦労もしましたけど、苦労をするだけの価値がある面白い仕事だと思っていたので、勉強自体は全然苦ではありません。
だからというべきか、数年経過した時点で「何とか仕事は出来るんじゃないか」程度のレベルまでたどり着くことが出来ました。

建築の仕事はとても奥が深くて楽しくて、これを書いている今でも勉強は継続しています。
でも、仕事としては軌道に乗っている状況ではあると思います。

新しい分野に挑戦することで、5年後に今と全く同じ仕事をしているかも…という不安を打ち払うことが出来たんじゃないかと思っています。
AutoCAD(オートキャド)を覚えた時に、当時の仕事をそのまま継続するという楽な道を選ばなくて良かったとも思います。

これは私が周囲の人に恵まれただけの話で、それはもう幸運としか言いようがないのですが…
幸運をつかみ取る決断をするのは自分自身なので、単純に幸運だけではないと思いたいです。

関連記事

  1. 在宅勤務のイメージ
  2. 最後に操作以外の話も
  3. 行き先は人によってそれぞれ
  4. 短時間で正確な図面を
  5. 勉強する習慣を付けると強い
  6. 自分が進みたい方向性