オートキャド(AutoCAD)のプロになる為に

オートキャド(AutoCAD)を使って実際に図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念すぎますよね。ただ、これからAutoCAD(オートキャド)を覚えようとしている方にとって、覚え[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的には自分の知識はきっと足りないと感じて在宅勤務を諦めることになりました。今思い出してみるとかな[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く」という言葉がありますが、CADオペレーターの仕事はまさにこれです。[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面のジャンルは本当に様々です。その中でどんな図面を描いていくのか、そのための知識というのは必要に[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合であれば、当然人を募集した後は教えて成長してもらわないといけません。いずれにしても人に仕事を教[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけではなく、もっと別の勉強が必要になってくることもあります。それが実際に自分で作図するのではなく[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来るかも知れないという「今さらそんな…」という内容に。ちょっと今までの話とは違う内容だったので、[...]

    続きを読む

CADだけでは限界が来る可能性も

AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事に慣れてきたら、次のステップとして人に教える立場になる可能性もあります。
自分が出来ていることを人にも出来るように教える、というのは誰にでも出来ることではないので、そうしたニーズは結構多いと思います。

もちろん最初は誰だって教えるのに慣れていないので、色々失敗を重ねながら教えるスキルを高めていくことになるはず。
なので「私は人に教えるのに向いてないですから」と言って何も努力をしない方は、恐らくずっと人に教えることは出来ないでしょう。

もちろん全員が教える立場にならなくても良いのですが、仕事をしていく中でそうしたステップアップもあるという話でした。

このように、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく仕事とは言っても、単純に作図のことを考えていくだけでは済まなくなる場合が多いです。
本人がずっと作図だけをしたいと思っても、会社としては経験を積んだらそれを人に教えて欲しいと願うはずですから。

ただ、こうした「作図だけではないスキル」というのは、年齢を重ねて経験を積んでいくに従って、結構重要なスキルになってくるのも事実です。
以前少し取り上げた、単純な作図のスピードだけでは若い方に勝てなくなってくるという話もありますから、プラスアルファのスキルはやはり重要なんですよね。

単純に作図の効率化を追い求めるのは結構簡単なことです。
AutoCAD(オートキャド)の仕組みを考えたり、操作の無駄を継続して意識していくことで、少しずつ作図は早くなっていくもの。
相手はAutoCAD(オートキャド)なので反応は分かりやすい訳です。

人に教えることの難しさ

でもそれを人に教える場合、相手がいることなので自分のことだけを考えていると大抵の場合は上手くいかない状態になる。
だからこそ、人に上手く教えることが出来るというのは強力なプラスアルファのスキルになるんですよね。

自分でAutoCAD(オートキャド)の作図が出来るようになった次のステップとして、人に教えることが出来るようになるレベルを目指す。
こうした話をしているのは、ずっとAutoCAD(オートキャド)で図面を描いているだけではいつか限界が来る危険性があるからです。

例えばAutoCAD(オートキャド)で作図する経験が20年ある方がいて、その方がひたすら自分の作図のことしか考えていないとしましょう。
そうなると当然人に教えることなど考えない訳ですが、それでは20年の経験は周囲の方に全然伝わらないことになります。

これは会社としてはかなり勿体ない話です。

かと言って、恐らく仕事としては15年目と20年目とでは、既に完成しているスキルで仕事をしているはずですから、そこまで仕事の成果が大きく変わる訳ではありません。
逆に年齢を重ねた結果として、少し図面の間違いが増えて来たり、集中力が途切れがちになって作図のスピードも遅くなっている可能性もあるでしょう。

単純な比較は難しいですが、経験2年の若い方と比べて仕事の成果として明確な差を出すことはかなり難しくなってくるかも知れません。
そうなると、周囲に影響を与えないベテランという部分と、仕事の成果としても少し下降気味かも知れないという部分を会社としては考えていくことに。

もう少しはっきり言ってしまえば、そこまで明確な差がないようであれば経験2年の若い方を残した方が良いのではないかと考える訳です。
恐らくベテランと若手で給料を比較すれば、きっとベテランの方が高い給料ということもそうした判断の要因となるはず。

これは結論ありきで話を展開しているので、少しフェアではないたとえ話ではありますが…

AutoCAD(オートキャド)を使って作図をすることだけを考えていると、いずれどこかで限界が来てしまう可能性が高い。
これを今回は伝えたかったんです。

関連記事

  1. 勉強する習慣を付けると強い
  2. 初心者の方に教える仕事も
  3. 新しい分野の勉強をする
  4. 初心者がやりやすい仕事
  5. 図面の種類は様々
  6. 自分が進みたい方向性