オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

操作スピードと年齢の関係

前回はAutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事をする際に、プロとして求められるのはどんなことなのか、という点について考えてみました。
作図スピードが早くて図面完成までの時間が短いく、なおかつ完成した図面には間違いがない、という状態がプロには求められる、という話でした。

これはAutoCAD(オートキャド)を使う仕事をしている方、あるいはこれからそれを仕事にしようとしている方が目指すべき到達点です。
そのために操作を効率化したり、あるいは完成した図面をチェックする習慣を身につけたりして、少しずつそのレベルを目指していくことになります。

ここまでの話は今までも何度か取り上げている、割と一般的な内容ではないかと思います。
このカテゴリではそこからもう少し進んだ話として、ある程度その水準を満たした後でどんな展開になるのかについて考えてみることにしましょう。

例えばAutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事をしていて、ある程度の操作スピードと正確さを持っているとしましょう。
作図が早くて正確な図面を描く、というスキルを併せ持つ方というのは意外に少ないので、この段階である程度仕事には困らない状態になることが予想されます。

ただ、それがいつまで続くのかを考えた時に、ちょっと心配になることもあると思います。

操作スピードというのはAutoCAD(オートキャド)に慣れれば慣れるほどに早くなっていく、というような話を前回はしました。
しかし年齢的な要素を考えた時に、そのまま右肩上がりでスピードが上がっていくのか、考えてみるとちょっと心配ですよね。

操作スピードと年齢の関係

少々回りくどい表現をしてしまいました。
AutoCAD(オートキャド)の操作スピードというのは、操作に慣れることで一定の水準まで上がっていきますが、年齢を重ねるにつれて下がってくる場合もある。
今回はこれを伝えたかったんです。

AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事は、かなりの集中力を必要とする仕事で、だからこそそれが出来る方に価値がある訳です。
しかし集中力というのは一般的に、年齢が上がっていくに従ってその持続時間が短くなってくる傾向にあります。

集中力が切れた状態でも作図は出来ますけど、どうしても完全に集中した状態と比べると、スピードも正確さも劣ってしまう。
これは年齢を重ねるにつれて良化することはなく、むしろ悪化する方向に進みます。

もちろん一気に悪化することはないので、ある程度の水準を保っていくことは可能だとは思います。
しかし例えば60代後半の方が、20代前半の若くて意欲がある方に操作スピードで対抗できるかというと、これはなかなか難しいと言わざるを得ません。

単純に集中力の持続時間や手の早さなどを比較してしまうと、どうしても若い方との勝負は分が悪くなってくる。
これは残念ではありますが、どうしても逃げることが出来ない現実としてある訳です。

いや、私はそんなことはなく、まだ若い人に劣っているとは思わない。
そう考える方もたくさんいらっしゃるかも知れませんが…
やはり現実を考えていくと、そこはどうしても分が悪い勝負ではないかと当サイトでは考えています。

そのあたりの流れを意識していくと…

AutoCAD(オートキャド)の操作を覚えて仕事にしたあと、何歳まで同じ仕事をしていくかについて考えてしまいますよね。
例えば50歳になっても図面を描く仕事をしているけれど、10年後60歳になったときに、まだ同じ仕事をしているのだろうか、と。

これは若い時にはあまり考えにくいことではありますが、先のことについては一度意識してみると良いのではないかと思います。

関連記事

  1. 在宅勤務のイメージ
  2. 自分が進みたい方向性
  3. AutoCADはやはり仕事の為
  4. 勉強する習慣を付けると強い
  5. 初心者がやりやすい仕事
  6. 新しい分野の勉強をする