オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

カスタマイズ関連のまとめ-1

さて、ちょっと話が長くなってしまいましたが、AutoCAD(オートキャド)のカスタマイズについての話はようやく終わりになりそうです。
前回も少し紹介しましたが、当サイトがおすすめするキーボードをメインとするやり方は少し特殊に感じるかも知れません。

もちろん当サイトでおすすめするキーボードを使うやり方が、誰よりも便利に使えるベストな方法という訳ではありません。
リボンメニューやツールバーをメインで使いながら効率良く作図をしている方も、世の中にはきっとたくさんいると思います。

あくまでも「キーボードを使う方法でも効率良く図面を描くことが出来ます」というニュアンスで読んで頂ければと。
そして、それぞれの方が自分のやり方を考える際のヒントになればと思っています。

さて、今回はAutoCAD(オートキャド)のカスタマイズについて、今まで説明してきた内容を簡単にまとめて、それでこのカテゴリの話を終わりにしましょう。

□コマンドを実行する方法

まずはAutoCAD(オートキャド)のコマンドを実行する方法として、以下のような選択肢があるという話をしました。

・画面上部にあるボタンをクリックする

・メニューバーからコマンドを選択して実行

・キーボードからコマンドを入力して実行

・キーボードからコマンドエイリアス(短縮コマンド)を利用する

・ショートカットキーを活用する

これら操作方法の選択肢から、それぞれのコマンドを実行する際にベストだと思われる操作方法を選択していく、というのがまずは基本としてあります。
そして、その方法をもう少し自分好みに調整していくことがカスタマイズです。

□ボタンをクリックする方法

AutoCAD(オートキャド)のコマンドを実行する際に、あらかじめ用意されているボタンをクリックすることでコマンドを実行して作図を進めていく。
こうした方法には、そこからさらに枝分かれして「リボンメニュー」や「ツールバー」や「クイックアクセスツールバー」などがあります。

ボタンに表現される絵によってそれがどんな機能を持っているかを判断して、ボタンをクリックするというやり方はどれも同じです。
メリットとしては、様々な機能を持ったボタンが用意されているので便利という点と、コマンドマクロなどを利用してオリジナルのボタンも作れる点ですね。

デメリットとしては、やはりコマンドが割り当てられたボタンをクリックする為に、基本的にはAutoCAD(オートキャド)の画面上部にカーソルを移動する必要があるという点でしょう。
それによってコマンドを実行する為に一動作が必要になって、作図の効率を考えるとベストな方法とは言えないんでよね。

マウスカーソルの設定で、カーソルをかなり早くして、なおかつカーソルの移動精度を高めていくことでデメリットは解消しそうな気もしますが…
そこまでの状態になる為にはかなり熟練が必要になってくると思います。
少なくとも私はマウスのスピードも精度もそこまで自信がありません。

□メニューバーを使う方法

AutoCAD(オートキャド)の初期設定では表示されていませんが、画面上部に色々な文字でコマンドを表示しているメニューバーを使うやり方も選択肢としてはあります。
メリットとしては、ほとんどの機能が実行出来るにも関わらず表示スペースが非常に小さくて済む、という点にあります。

デメリットとしては、「編集」などの項目をクリックするとメニューが表示されて、そこからさらにボタンをクリックするという手順になるので、コマンド実行に時間がかかるという点。
作図効率を考えるとあまり有効な手段とは言えないんですよね。

関連記事

  1. 様々なやり方を組み合わせる
  2. クラシックメニューについて
  3. ショートカットキーのカスタマイズ方法
  4. 仕事はあくまでも時間がベース
  5. マウスの追加ボタン活用方法
  6. 一時優先キーの設定方法