オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

様々な方法を組み合わせて使う

AutoCAD(オートキャド)をカスタマイズすることによって作図を効率化する、というテーマでこのカテゴリは色々考えてきました。
作図を効率化することの意味がどこにあるのか、という、ちょっと漠然としているかも知れない部分について前回は少し考えてみました。

AutoCAD(オートキャド)を操作することについて高いスキルを持っていた方が、作図のスピードが早くなるのは間違いないですよね。
そうすると結果として他の方よりも作図が短時間で終わるようになるので、仕事の時間に余裕が出来ることになります。

AutoCAD(オートキャド)のプロとして目指すのはまずそのレベルです。
その為にはある程度AutoCAD(オートキャド)の使い方を考えておいた方が良くて、色々考えていくとカスタマイズしたくなる、という流れですね。

図面を描くという仕事が短時間で終わらせられるのなら、さらに仕事をこなしていくのか、それともある程度余裕を持って作図をしていくのか、という選択が自分の中で可能になる。
これは結構大きなことではないかと思います。

AutoCAD(オートキャド)の操作が遅いことが原因で作図が遅く、作図完了まで時間に追われている状態では、仕事で自分のカラーを出すことなど出来ません。
もしそんな状況で「自分らしく時間に縛られずに仕事をやっていく」とか言っていたら、恐らくそのうち仕事自体がなくなってしまうでしょう。

やはりAutoCAD(オートキャド)のプロである以上は、ある程度水準を超えたスキルを持っている必要がある、ということではないかと思います。
その水準をまずはクリアしてみせた後で、そこからは自分のスタンスで仕事をやっていき。
その方が、仕事の評価も良いし時間にも余裕があるので、仕事とは言えきっと楽しいはず。

一定の水準を満たしたスキルを持つ意味

…と、前回も書いた気がしますが、このあたりの話は人によって考え方が色々なのでそろそろ終わりにしておきましょう。
ただ、考え方は色々であっても、やはり仕事ですから時間にある程度シビアになるのは当然というべきか、仕方がないことではないかと思います。

だからこそAutoCAD(オートキャド)をカスタマイズについて考えていくと、そこを考えていない方よりも有利に仕事が進められるのではないか。
当サイトではカスタマイズについてそんな考え方をしています。

今回はAutoCAD(オートキャド)のカスタマイズについてのまとめということで、当サイトでおすすめするやり方を具体的に紹介してみたいと思います。
このあたりの考え方については、コマンド実行方法ごとにカスタマイズの説明してきた中でも同じようなことを書いてきましたが、ここでまとめてみましょう。

まずは結論として。

AutoCAD(オートキャド)には色々なコマンド実行方法がありますが、最も効率的な操作をするためには全ての方法を組み合わせて使っていくのが良いです。
それぞれのコマンド実行方法にはそれぞれのメリットがあるので、そのメリットだけを使っていくような考え方ですね。

具体的にはどんなやり方がおすすめかというと…

・線分や移動など一般的なコマンド → コマンドエイリアス

・外部参照など使用頻度が少ないコマンド → メニューバー

・保存や印刷などのファイル操作系コマンド → クイックアクセスツールバー

・画層表示系コマンドなど頻繁に使うコマンド → ショートカットキー

・オブジェクトスナップ → 一時優先キー

という感じでコマンドの種類と実行方法を分けていくと、かなり便利にAutoCAD(オートキャド)が使えるようになると思います。

関連記事

  1. リボンメニューをカスタマイズ
  2. 自由度の高さが特徴
  3. ショートカットキーのカスタマイズ方法
  4. クイックアクセスツールバーの設定
  5. リボンメニュー内にツールバーを表示
  6. ツールバーのカスタマイズ方法