オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

クイックアクセスツールバーの設定

「Shift」+任意のキーを押している間だけ、特定のオブジェクトスナップが有効になる、という割と地味目な一時優先キーの設定を前回は紹介しました。
紹介している私自信が一時優先キーをかなり気に入っているので、そこまでメインで使えるような設定ではないのにおすすめしすぎている気もしますが…

きちんと使いこなせば確実に操作はスムーズになると思うんですよね。
通常選択される点を指定する「定常オブジェクトスナップ」の設定をどのように考えているのか。
これは人によって好みが結構違ってくるもので、それによって一時優先キーの設定もまた変わってくることに。

結局は「人それぞれ好みの問題」ということになるので、あまり自分の設定がベストですとは言いにくいものがあります。
ただ、これからAutoCAD(オートキャド)を使ってみる、という方であれば、前回私が紹介した設定を試してみるのも悪くないはずです。

ずっとこの設定で図面を描いたりしていますが、不便に感じたこともないし、一時優先キーが原因で精度の悪い図面になったこともありません。
AutoCAD(オートキャド)のプロが使う機能として不足はないので、ぜひ使いこなして作図を少しでもスムーズに進めていきたいところです。

さて、そろそろAutoCAD(オートキャド)のカスタマイズについての話もネタが尽きてきた感じがあります。
今まで何回も書いてきたように、カスタマイズをすること自体が目的になってしまうと、恐らく仕事はあまり上手くまわりません。

そうではなく、カスタマイズによって作図を効率化することによって、結果として図面を完成させるまでの時間を短縮することが目的です。
なので、ある程度自分で作図環境を整えた後は、その環境でスムーズに図面を描くことが出来るかどうか、実際に作図を繰り返す必要があります。

そして今ひとつしっくり来ない場合は、もう少し設定を変えて試してみる。
これを繰り返すことによって、少しずつAutoCAD(オートキャド)の作図環境は整っていき、作図は少しずつ早くなっていく。
そんな作業を繰り返すことでスキルは高まっていくのだと思います。

ちょっと違う話になってしまいましたが、今回はAutoCAD(オートキャド)の操作を少しだけ便利にしてくれる「クイックアクセスツールバー」の設定について考えてみます。
まず「クイックアクセスツールバー」がどこに表示されているかというと、下図の赤く囲った部分に表示されています。

クイックアクセスツールバーの場所

画面の左上にそっとコマンドが表示されているこの部分を「クイックアクセスツールバー」と呼び、これが実際に使ってみると結構便利なんですよね。
配置する場所が場所だけに、たくさんのボタンを配置することが出来ないので、ある程度配置するボタンを厳選する必要はありますが…

そのあたりはAutoCAD(オートキャド)も分かっていて、標準で表示されるコマンドは基本的にファイル操作に関するボタンばかりです。
やはりクイックアクセスツールバーの主旨はあくまでも「手軽に実行する為にボタンを用意しました!」くらいのニュアンスなのでしょう。

なので、ここに作図系のコマンドをずらっと並べても、そこまで便利に使うことは出来ないのではないかと思います。
まずはクイックアクセスツールバーの右側に配置されている「▼」ボタンをクリックすると、表示するコマンドを簡単に選択することが出来ます。

表示するコマンドの選択

これを見ると分かるように、「開く」とか「上書き保存」など、ファイル操作関係のコマンドが多く配置されているのが分かります。
上記の左側にチェックが入っているコマンドが現在表示されている機能なので、追加したい場合は該当するコマンドをクリックしてチェックを入れましょう。

そうすれば簡単にクイックアクセスツールバーにボタンを追加することが出来ます。

関連記事

  1. キーボードとコマンドの関係を覚える必要がある
  2. ツールバーのカスタマイズ方法
  3. ショートカットキーへの割り当てには限りがある
  4. 仕事はあくまでも時間がベース
  5. ツールバーのカスタマイズ方法
  6. カスタマイズ機能のまとめ