オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

一時優先キーという考え方

前回は設定したショートカットキーをさらにマウスの追加ボタンに割り当てる、というやり方を紹介しました。
キーボードからコマンドを入力するか、あるいは画面上部にあるボタンをクリックするか、という感じでコマンド実行方法を今まで色々と検証してきました。

でも、マウスの追加ボタンに割り当ててしまうと、そうした手順を何も踏まないで簡単に任意のコマンドを実行することが出来る。
これはなかなか便利で嬉しい機能なのでかなりおすすめです。

今使っているマウスには追加ボタンがない! という場合もあると思います。
その場合は諦めるしかありませんが、今すぐマウスを買い換えれば追加ボタンの機能を存分に活用することが出来ます。
そこまでする価値は充分にあると私は思っています。

ただ、ゲーミングマウスとかって結構派手な見た目なんですよね…
そうした派手なマウスを買うと、職場ではちょっと目立ってしまう上に仕事が出来そうに見えてしまうという危険がちょっとだけあります。

ド派手なマウスを使っていて仕事が出来そうなのに、実際に仕事を頼んでみたら全然遅い…とかだと結構恥ずかしいかも知れません。
まあそんなに周囲の目を気にしても仕方がないですけどね。

さて、今回はショートカットキーについての補足というか、少し違った使い方が出来る「一時優先キー」を紹介してみたいと思います。
ここで少し自分の話をしてしまうと…私はこの一時優先キーをかなり愛用していて、かなり手に馴染んでいる状態です。

だから当サイトを読んでいる方にもぜひ一度試してみて欲しい機能なんです。

一時優先キーの考え方

この一時優先キーというのは、ある組み合わせのキーを押している間だけ、その組み合わせに対して設定した機能が有効になるという機能です。
ある組み合わせのキーというのは「Shift」+任意の文字の組み合わせで、その組み合わせに対して競って出来る機能はオブジェクトスナップの設定という感じになります。

どうしてオブジェクトスナップ機能だけが設定出来るのかというと、そのキーを押している間だけ有効、という機能は通常のコマンドには向かない考え方だからです。
「Shift」+「A」を押している間だけ「LINE」コマンドが有効になる、というのはちょっと変というか、そんな作図のやり方はないですよね。

だからこそオブジェクトスナップの設定になる訳ですけど、ここで例を挙げてみると…
「Shift」+「S」を押している間だけはオブジェクトスナップの垂線が有効になって、離すと定常オブジェクトスナップの設定に戻る。
そうやって画面上の点を指定する際に使い分けていく感じです。

そうした設定をすることによって、あまり頻繁に使わないオブジェクトスナップを素早く有効にすることが出来る、というメリットがあります。
これまた地味な設定を、と思われるかも知れませんが、作図をしている中でオブジェクトスナップを使う機会はかなりたくさんあるはず。

定常オブジェクトスナップでたくさんの点を有効にするのは、作図効率を考えるとあまりおすすめする事は出来ません。
かと言って、定常オブジェクトスナップに設定していない点を指定する度に「Shift」+右クリックでメニューを出して…とやるのも効率が良くない。

そうやって色々試してみると、今回紹介する一時優先キーを活用するのがベストではないか、という結論になってくる訳です。
もちろん作図方法の好みは人によって色々ですけど、少なくとも試してみる価値はある機能ではないかと思います。

一時優先キーの具体的な設定方法については次回に説明をしたいと思います。

関連記事

  1. 一定の水準を満たしたスキルを持つ意味
  2. キーボードを使う方法
  3. コマンドマクロの設定方法
  4. コマンドを新規作成する方法
  5. ショートカットキーのカスタマイズ方法
  6. クラシックメニューについて