オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

作成したコマンドの使い道

前回はAutoCAD(オートキャド)のコマンドを自分で組み合わせてマクロを作成する、という具体的なやり方を紹介しました。
コマンドマクロを構築、とか言うと何となく格好良いイメージがありますけど、実際には思ったよりも地味だと感じるかも知れません。

ただ、一度コマンドマクロを設定してしまえば、あとはAutoCAD(オートキャド)が繰り返し同じ手順を実行してくれるというのはかなり便利ではあります。
こうした「登録した内容を毎回繰り返す」というのはAutoCAD(オートキャド)の得意な分野なので、登録するコマンドマクロがあれば積極的に試してみることをおすすめします。

コマンドマクロを登録した状態

前回は上図のようにコマンドマクロを設定したところまで説明をしてきたので、今回は残りの項目をどう設定するかと、カスタマイズを完了するまでの流れを説明します。

コマンド名とコマンドマクロを設定した段階で、とりあえず最低限必要な設定としてはクリアしたと言えます。
あとはこのコマンドをどのように実行するかを考えて、場合によってはボタンのイメージを設定するなどの操作が必要です。

プロパティ画面の上部に「ボタンイメージ」という項目があって、そこから分かりやすそうなボタンを選択することが出来ます。

ボタンは色々用意されている

自分で新しくボタンイメージを作成することも出来ますし、フリー素材などからボタンのイメージ画像データを挿入することも出来ます。
こうして見るとなかなか楽しそうな設定ではないかと思います。

ただ、当サイトではドットを駆使して自分用のオリジナルボタンを作成するとか、分かりやすいボタンをダウンロードして設定するなどの操作をあまりおすすめしません。
前回紹介したようにブロックを自動的に呼び出すコマンドマクロを作ったら、呼び出すブロックの形状を表現したボタンを作りたくなる気持ちもありますけど…

これは個人個人の性格もあるとは思いますが、実際にボタンをドットで作ってみると、あまり上手くいかないことも含めて結構楽しかったりします。
でも、どんなに精巧なボタンが出来上がったとしても、それで作図の効率が良くなる訳ではなく、逆にボタン作成に手間が掛かりすぎる可能性も。

当サイトでコマンドマクロごとにオリジナルボタンを作成したりなどの設定をお勧めしない理由はこのあたりにあります。
AutoCAD(オートキャド)が用意しているボタンでさえ時々「どんな機能?」と思うようなものがあるのに、我々素人が作るボタンがそれ以上のクオリティを出すのは難しいです。

と言うことで…
作成したコマンドマクロは自分で便利だと考えて組み合わせたものなので、恐らく頻繁に使うことになるのではないかと思います。
そうであれば、ボタンを作成するのではなく、ショートカットキーに登録した方が便利です。

ショートカットキーにコマンドを登録する具体的な手順は以前に紹介しているので、今回改めて説明することはしませんが…
そうすることによって、例えば「F4」キーを押すだけで任意のブロックがすぐに呼び出せる、みたいな便利な状況をつくることが出来ます。

これは作図している図面の種類によって少しずつ違ってきますが、図面によってよく使うシンボル的な図形というのは存在します。
それをブロックとしてあらかじめ登録しておいて、任意のキーを押すだけでその図形を呼び出すことが出来れば、きっと作図の効率は良くなると思います。

こうして少しずつ便利な状況を作っていく事が出来るのが、カスタマイズの大きなメリットではないかと当サイトでは考えています。
と言うことで、とりあえずボタンイメージの設定はなしのまま、画面右下付近にある「OK」ボタンをクリックしましょう。

これで「ユーザインタフェースをカスタマイズ」画面が閉じてカスタマイズはひとまずは完了です。

関連記事

  1. キーボードでの操作方法
  2. コマンドエイリアスを使う
  3. ショートカットキーのカスタマイズ方法
  4. 自由度の高さが特徴
  5. ショートカットキーのカスタマイズ方法
  6. コマンドエイリアスのカスタマイズ