オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

コマンドマクロの設定方法

AutoCAD(オートキャド)のコマンドを自分で作成する為の具体的な手順について前回から説明をしてきました。
新しくコマンドを作成して、そのコマンド名を「挿入_シンボル」としたところまで説明が進んできたので、今回はその続きから。

コマンド名を「挿入_シンボル」に変更

現状は上図のように、とりあえずコマンド名だけが付いている状態なので、コマンドを実行する為に必要な「マクロ」に注目します。
今のところ「^C^C」という記入があるだけですが、ここに登録してある内容が実際にはAutoCAD(オートキャド)で実行されるコマンドになります。

例えば線分コマンドのプロパティを確認してみると…

線分コマンドのプロパティ

このような状態になっています。
マクロ項目は「^C^C_line 」となっていて、線分コマンドである「LINE」が設定されてる状態が確認出来ます。
その前の「^C」は「ESCキー入力」を意味する記号です。

線分ボタンをクリックすると「ESC」→「ESC」→「LINE 」という順番でキー入力をしたのと同じ操作をやってくれる。
これがマクロの項目です。

「LINE」と入力しただけではコマンドを実行することが出来ないのでは? と思った方は鋭いです。
でも実際には「LINE」の後に半角スペースが入力されているので大丈夫なんです。
AutoCAD(オートキャド)ではコマンド名を入力した後「Enter」で実行しますが、スペースを入力することでも実行することが出来ますから。

という基本ルールを確認したところで「挿入_シンボル」のプロパティに戻ります。
「シンボル」というブロック名を挿入する、という操作手順をマクロ項目に入力する必要がありますが、実際にはどんな文字列を入力すれば良いのか。
まずはそのマクロを記入してしまうと、以下のようなマクロで実行が出来ます。

^C^C_-INSERT;シンボル;\;;\

ちょっと意味不明な文字列もあるので、その意味をここで説明します。

^C → ESCキーの役割

;(セミコロン) → Enterキー

^M → これもEnterキー

\ → ユーザーの入力を待つ

他にも色々と細かい機能を持った記号がありますけど、それを覚えて緻密にコマンドマクロを組んでいく、というやり方はあまり当サイトではおすすめしません。
「ESCキー」と「Enterキー」と「ユーザー入力待ち」を組み合わせるだけでもかなり便利なコマンドマクロを作ることが出来ますから。

先ほど紹介したコマンドマクロを分かりやすく順番に表現していくと…

「ESC」 → 「ESC」 → -INSERT → 「Enter」 → シンボル → 「Enter」 → 画面上で入力 → 「Enter」 → 「Enter」 → 画面上で入力

という流れになっています。
「シンボル」というブロックを自動で呼び出して、挿入基点と角度だけは画面上で指定出来るという流れがこれで分かります。

これは実際に自分で手順をひとつずつ実行していくと、どんな操作になっているのかが分かるので、実際に試してみることをおすすめします。
最初に「ESC」を二回押すのは、どんなコマンドを実行している途中でも、それをキャンセルして-INSERTコマンドを実行する為です。

コマンドマクロを組んでいく際には、この逆の手順で進めていきます。
まずはこのコマンドを実行して、次に「Enter」を押して、ここで画面上で角度を指定するから…みたいな手順を確認しながらマクロの順番をメモしていく訳です。

ちょっと地味な作業ではありますが、この作業を一度やってマクロに設定しておくことで、あとはAutoCAD(オートキャド)が自動でやってくれる。
これはきちんと設定が出来ていれば、かなり便利な機能ではないかと思います。

関連記事

  1. コマンドエイリアスを使う
  2. ツールバーのカスタマイズ方法
  3. メニューバーのカスタマイズ方法
  4. 一時優先キーの考え方
  5. ショートカットキーのカスタマイズ方法
  6. コマンドを新規作成する方法