オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ショートカットキーのカスタマイズ手順-2

前回の説明では、AutoCAD(オートキャド)のショートカットキー機能をカスタマイズをする具体的な手順について考えてみました。
「ユーザインタフェースをカスタマイズ」画面を開き、「ショートカットキー」の項目を開いた状態までの手順を説明したので、今回はその続きから。

「全画層フリーズ解除」コマンドをショートカットキーに設定すると作図の効率が良くなるかどうかはちょっと微妙なところがありますが…
カスタマイズ操作の流れが分かれば、あとは好きなコマンドをショートカットキーに設定することが出来るので、まずはやってみましょう。

画面左下にある「コマンド一覧」には、AutoCAD(オートキャド)のコマンドが全て表示されていて、その数は本当に大量です。
その中から手動で「全画層フリーズ解除」を見つけるのは大変なので、ここでは便利な検索機能を使うことにしましょう。

「全画層」と検索BOXに入力

上記のように「全画層」と検索BOXに文字入力すると、当たり前ですが「全画層」が含まれたコマンドだけが表示されます。
一気にコマンドが2個に絞られましたね。

ここで「全画層フリーズ解除」を選択して、画面上部の「ショートカットキー」項目までドラッグをしていきます。

「全画層フリーズ解除」をドラッグ

上図では「ショートカットキー」項目の一番上までドラッグしています。
この並び順は、もしショートカットキーがダブっていた場合にどちらを優先するかをコントロールする要素になります。
…が、ダブらないように設定すれば並び順はあまり気にしなくて大丈夫です。

とりあえずは「ショートカットキー」の一番上までドラッグしてボタンを離すと、「全画層フリーズ解除」コマンドが一覧に追加されました。

「全画層フリーズ解除」コマンドが一覧に追加された状態

上図では「全画層フリーズ解除」コマンドが選択された状態になっています。
この状態で画面右下にある「プロパティ」を確認してみると…

「全画層フリーズ解除」コマンドのプロパティ

このような状態になっているのが確認出来ます。
上図では「アクセス」項目の「キー」に注目してみると、現在は特になにも設定されていないことが分かります。
この「キー」項目に設定されている内容がショートカットキーになります。

なので今回はここに「F2」キーを割り当てたい。
プロパティ画面の「キー」項目を選択すると、空欄になっている項目の右側に「…」というボタンが表示されるのでそこをクリックしましょう。

「ショートカットキー」ダイアログBOX

そうすると上図のように「ショートカットキー」というダイアログBOXが表示されるので、ここで割り当てたいキーを入力して「OK」をクリックです。
今回は「F2」キーに割り当てたいので「F2」を押しましたが、ここで「Ctrl」+「F」などの組み合わせを押しても良いです。

ショートカットキーが割り当てられた

これで「キー」項目には「F2」と表示されて、ショートカットキーが割り当てられたことが確認出来ました。
もし同じ「F2」キーに割り当てられているコマンドが存在している場合はここで警告が出るので、特に何も表示されなければ問題ありません。

これでショートカットキーの設定が出来たので「OK」をクリックして「ユーザインタフェースをカスタマイズ」の画面を終了させましょう。
AutoCAD(オートキャド)の作図画面に戻るので、試しに「F2」キーを押してみると、全画層フリーズ解除コマンドが実行されるはずです。

もし別のコマンドが実行されるようであれば、もう一度「ユーザインタフェースをカスタマイズ」画面を開き、「F2」キーが設定されているコマンドを探して消してしまいましょう。

関連記事

  1. クイックアクセスツールバーの設定
  2. コマンドマクロの設定方法
  3. リボンメニュー内にツールバーを表示
  4. ショートカットキーへの割り当てには限りがある
  5. 一時優先キーの考え方
  6. カスタマイズ機能のまとめ