オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ショートカットキーのカスタマイズ手順-1

コマンドエイリアスの設定をカスタマイズする際に基準となるのはどのような部分なのか、というあたりを前回は考えてみました。
色々と設定を変更出来ますと言っても、どんな方針で設定するかが決まっていないとカスタマイズの効果が出にくいです。

「このような考え方で設定を変えていく」という考え方を出来るだけ持っておいた方が、より使いやすい設定にカスタマイズ出来る。
当サイトではそう考えているので、具体的な方法とあわせて考え方も一例として紹介しています。

もちろん方針は人によって違うのが当然なので、私と同じカスタマイズになる必要はなく、自分に合った考え方で進めるのがベストです。
そのベストを見つける為にも、まずは自分がどんなやり方で作図を進めていくのかも含めて色々考えてみることをおすすめします。

今回はAutoCAD(オートキャド)のコマンドを実行する手段の最後、ショートカットキーのカスタマイズ方法を紹介します。
ショートカットキーの組み合わせとして使うことが出来るのは、幾つかのパターンがあります。

・「Ctrl」+「文字または数字」

・「Ctrl」+「Shift」+「文字または数字」

・「F1」などのファンクションキー

この中で使い勝手が良いのは、恐らくキーを同時押ししないで済むファンクションキーではないかと思います。
でもAutoCAD(オートキャド)の初期設定では、ファンクションキーに割り当てられてる機能はそれほど便利ではありません。

実際はそこまで不便でもありませんが、設定を見直す価値は充分にあると思います。

「Ctrl」+「文字または数字」の組み合わせも、「Ctrl」+「C」でクリップボードにコピーとか「Ctrl」+「V」で貼り付けなど、windowsでおなじみの操作が初期設定ではあります。
そのあたりの設定を変えるかどうかも含めて色々考えながらカスタマイズをしていくとAutoCAD(オートキャド)はかなり便利になるはずです。

ということで、どんな考え方でカスタマイズするかについては後で取り上げることにして、まずはショートカットキーの具体的なカスタマイズ手順から紹介します。

ユーザインタフェースをクリック

まずは「管理」タブ内の「カスタマイズ」パネルから「ユーザインタフェース」をクリックして、ユーザインタフェース画面を開きます。
その画面で左上に表示されるメニューから、今回は「キーボードショートカット」の左側にある「+」ボタンをクリックして展開させましょう。

「ショートカットキー」と「一時優先キー」があるので、今回は「ショートカットキー」を選択して表示させます。

ショートカットキーを展開

そうすると上記のように、ショートカットキーに割り当てた機能が色々と表示されます。
上記は私が既にカスタマイズしている状態なので、AutoCAD(オートキャド)の初期設定とは違っていますが…
私がショートカットキーに割り当てている機能が少し確認出来ると思います。

上記画面下側には「コマンド一覧」が表示されています。
基本的な操作の流れとしては、この「コマンド一覧」から割り当てたいコマンドを探して、ショートカットキーの項目までドラッグする、という手順がまず必要です。
と言ってもあまり具体的ではないので、実際になにかしらのコマンドで試してみましょうか。

今回はそうですね…
「全画層フリーズ解除」のコマンドをショートカットキーの「F2」に割り当てる操作を実際にやってみることにしましょう。

ちょっと前置きが長くなってしまったので、具体的なショートカットキーのカスタマイズ手順については次回に説明することにします。

関連記事

  1. 押しやすいキーの範囲
  2. ツールバーのカスタマイズ方法
  3. 自由度の高さが特徴
  4. 仕事はあくまでも時間がベース
  5. クイックアクセスツールバーの設定
  6. コマンドエイリアスのカスタマイズ