オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

メニューバーの設定について

AutoCAD(オートキャド)のコマンドを実行する手段のひとつ、ツールバーを自分の使いやすいようにカスタマイズする方法を紹介しました。
リボンメニューと同じく、ツールバーというのは様々なコマンドを実行するボタンが集まっているものです。

そこに配置されているボタンの並びを変えたり、あるいはボタンを追加したり消したりするなどの変更を加えることによって、使い勝手はかなり変わります。
たくさんのボタンが並んでいる状態は確かに便利ではありますが、多すぎると判断に迷うことにもなりかねません。

だからこそ、ほとんど使わないようなコマンドがないかを考えて、カスタマイズによって表示しない状態にもっていく。
そうすることによって操作がシンプルで分かりやすくなりますよね。

こうした調整によって少しでも便利になるのであれば、細かい部分まで考えてカスタマイズする意味は結構大きいのではないかと思います。
毎日繰り返して使うツールになる訳ですから、ほんの少しの改善でもそれが積み重なってきて、結果として大きな差になってくる。

当サイトではカスタマイズの意味をそう考えています。

ツールバーのカスタマイズについては、そもそもの話としてリボンメニューを使う場合は全然用がなくなってしまうのですが…
まずは両方使ってみた後で、自分にとってしっくりくるやり方を選択すれば良いだけなので、特に悩むようなことでもないです。

とにかくAutoCAD(オートキャド)では色々なやり方が出来るようになっているので、その選択肢をまずは試してみることが大事です。
まだ試していないやり方がある場合、それはもしかしたらベストのやり方を選択していない可能性がある訳ですから。

と言うことで、今回は引き続きマウスを使ったコマンドの実行方法として、メニューバーとカスタマイズについて考えてみたいと思います。
メニューバーはAutoCAD(オートキャド)の初期設定では表示されていないので、もしかしたらあまり馴染みがないかも知れません。

しかしこのメニューバーは場合によってはかなり重宝するので、出来れば表示させておいた方が良いと思います。
あまりスペースもとらないし。

メニューバーを表示をクリック

ツールバーを表示する方法をおさらいしておくと、上図のようにクイックアクセスツールバー内にある「メニューバーを表示」をクリックするだけ。
邪魔に感じたら同じような操作で「メニューバーを非表示」をクリックすれば済むので簡単ですよね。

このメニューバーをカスタマイズするかどうかについて少し考えてみると…
たしかにカスタマイズは可能ではありますが、当サイトではメニューバーをわざわざカスタマイズしなくても良いのではないかと考えています。

メニューバーからコマンドを実行するやり方の流れとしては、一度大きな項目をクリックしてメニューを表示させて、そこからコマンドを選択していきます。
要するにコマンド実行までにはちょっと手間がかかるんですよね。

そうなると、コマンド実行方法としてはあくまでもサブ的に使うことになるので、不要なコマンドを消すことまではしなくて良いのではないか。
そんな判断で、あまりカスタマイズはしなくて良いかなと思っています。

とは言っても、メニューバーをカスタマイズしたい方もいらっしゃるかも知れませんので、簡単ではありますがやり方を紹介しておきます。
「ユーザインタフェースをカスタマイズ」画面を開き、「メニュー」という項目を展開させると以下のような表示になっています。

メニュー項目を展開

上記にある「ファイル」とか「編集」などの項目が、それぞれメニューバーに表示されている項目名になっています。

メニューバー項目と表示内容

カスタマイズしたい項目をさらに展開させて、そこに追加したいコマンドをドラッグしたり、不要なコマンドを消したり、順番を入れ替えたりなどが出来ます。
そうすればメニューバーの中身が自分の理想的な並びになります!

…けど、どうしても「ファイル」などの項目をクリックする手間をなくせないので、操作効率アップには至らないんですよね。
当サイトがメニューバーのカスタマイズをおすすめしない理由はここにあります。

コンパクトなメニューなので表示はしておいて、いざという時に使うという立ち位置で使っていくのが良いのではないかと思います。

関連記事

  1. リボンメニュー内にツールバーを表示
  2. ショートカットキーを使う
  3. ショートカットキーのカスタマイズ方法
  4. 自由度の高さが特徴
  5. クイックアクセスツールバーの設定
  6. 押しやすいキーの範囲