オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ツールバーのカスタマイズ-3

前回はAutoCAD(オートキャド)のコマンドを実行する手段のひとつ、ツールバーをカスタマイズする方法を紹介しました。
ツールバーに表示されているコマンドを整理する目的は、使用頻度の低いコマンドを表示しないようにすることで、無駄なスペースを省くことにあります。

AutoCAD(オートキャド)をインストールした状態で既に用意されているツールバーと、そこに並んでいるコマンドは本当に使うものなのか。
それを一度自分で考えていき、使わないと判断したコマンドは表示しないようにして、使うコマンドだけを残していく。

この手順を踏むことで、画面上に不要なボタンが表示されることがなくなり、さらに作図する方の頭も整理されることになります。
案外「このコマンドはどれだけ使うのか」とかを考える機会は少ないので、カスタマイズをする際にそれを熟慮するのは結構有効なんですよね。

前回は既に用意されているツールバーを編集する手順を紹介しましたが、それよりも新しく自分用にツールバーを作成した方が使い勝手は良いかも知れません。
ツールバーのカスタマイズに慣れてきたら、自分用のツールバーを作成してみることに挑戦するのも良いと思います。

具体的な手順としては、ツールバーが並んでいるところで右クリックすると、色々なメニューが表示されますが、その中に「新規ツールバー」という項目があります。

新規ツールバー

そこで「新規ツールバー」をクリックすると…

ツールバー1が新規作成された

このように「ツールバー1」という名前で新しくツールバーが作成されます。
ツールバー名を自分の名前などに変更して、このツールバーによく使うコマンドを全部並べていく、というやり方も便利なのでおすすめです。

今回はあくまでもサンプルなので「個人用」という名前をツールバーにつけて、適当に「上書き保存」と「線分」と「移動」コマンドを配置してみました。

個人用ツールバーにボタンを追加

これでひとまずツールバーのカスタマイズは終わりにする、という場合は画面下側にある「OK」をクリックすれば完了です。
カスタマイズを完了させると、今作成した「個人用」ツールバーが画面上に作成されました。

個人用ツールバーが作成された状態

恐らくあまり便利とは言えない場所に配置されているはずなので、ツールバーをドラッグして使い勝手の良い場所に移動してあげましょう。

個人用ツールバーをドラッグで移動

上図の場所が良いかどうかはさておき、ツールバーを配置した場所によってボタンは二段表示から簡単に三段表示になります。
ボタンの配置はかなり自由なので、使いやすい位置に使いやすいボタンを表示するように、細かく調整していくとかなり便利になります。

画面上部だけではなく、画面の左右にもツールバーを配置することが出来るので、自分好みのボタン配置を色々試してみることをおすすめします。

画面のサイドにもツールバー表示が可能

これでツールバーのカスタマイズはほぼ完了です。
あとは現在表示されているツールバーをもう一度確認して、必要ないツールバー自体を表示しない設定に変えていけばOK。

これはボタンの上で右クリックすると表示されるツールバー一覧を確認して、チェックが入っているけれど使っていないツールバーのチェックを外すだけ。
これで自分が使うコマンドだけが表示される状態になるので、恐らく作図の操作はほんの少しですがスムーズになると思います。

そこまで劇的に操作が早くなる訳ではありませんが、毎日繰り返す操作の中で、必要のないコマンドを選定した効果は間違いなくあります。
こうした細かいことを積み重ねていくことで、結果としては作図の効率は改善されていくものなので、ぜひ今回紹介した手順をやってみることをおすすめします。

関連記事

  1. クイックアクセスツールバーの設定
  2. ボタンをクリックする
  3. リボンメニューをカスタマイズ
  4. 押しやすいキーの範囲
  5. カスタマイズ機能のまとめ
  6. メニューバーを利用するやり方