オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

結局どんな組み合わせが良いか

今までオートキャド(AutoCAD)のコマンドを実行する方法について紹介してきて、具体的には以下のような方法のメリットとデメリットについて考えてみました。

・画面上部にあるボタンをクリックする

・メニューバーからコマンドを選択して実行

・キーボードからコマンドを入力して実行

・キーボードからコマンドエイリアス(短縮コマンド)を利用する

・ショートカットキーを活用する

全部の説明を読んで頂ければ分かりますが、どの方法にもメリットとデメリットがあって「これは完璧なやり方なのでお勧め」という方法は存在しません。
そう言ったやり方があれば説明している側としても楽だったんですけど、まあそんなに上手い話はないですよね。

では、結局はどんなやり方を選択していけば良いのか。
これについて考えてみると、ちょっと平凡な結論だとは思いますが「それぞれのメリットを生かせるように全てを活用する」というやり方がおすすめ。

画面上にボタンを表示してそこをクリックするやり方にも便利なところがあるし、コマンドエイリアスにも別の方向でよいところがある。
オートキャド(AutoCAD)を使う側として、それぞれの良いところが生きるようなやり方を考えて、そのやり方を磨いていく。

そんな考え方が良いのではないかと思います。

様々なやり方を組み合わせる

ボタンで実行するコマンドと、コマンドエイリアスで実行するコマンドと、ショートカットキーで実行するコマンドをそれぞれ使い分ける。
これはちょっと面倒くさそうなイメージがあるかも知れませんが、実際にやってみるとそんなに複雑な考え方ではないことが分かります。

具体的には…

線分や移動やコピーなどの基本的なコマンドは、やはりコマンド実行のスピードを重視してコマンドエイリアスを使っていくのがおすすめです。
画層管理や印刷や外部参照などのそこまで頻繁に使わなくてやや複雑な機能は、ボタンをクリックするやり方で良いかも知れません。

自分で作ったコマンドはコマンドエイリアスに設定が出来ないので、ショートカットキーに割り当てて便利に実行すると便利です。

こうした考え方は私の好みが大きく反映されているので、もしかしたら他のやり方が良いと感じる方も多いかも知れません。
選択肢は幾つかあってその組み合わせはかなり自由度が高いですから。
こうした操作方法を組み合わせていく中で、カスタマイズという考え方は非常に役立ちます。

具体的なカスタマイズの方法はこれから詳しく説明していく予定ですが…
その前にまずは色々な操作方法を組み合わせて出来るだけ効率良くオートキャド(AutoCAD)を使っていく、という基本方針を覚えておきましょう。

どのような操作方法を選択したとしても、色々なカスタマイズを設定したとしても、その目的はあくまでも無駄のない効率的な操作でスピードアップを図るため。
そのためにオートキャド(AutoCAD)が用意してくれている色々なやり方を使って、それを少しずつカスタマイズしていく訳です。

今現在オートキャド(AutoCAD)を使って仕事をしている方であれば、今回紹介してきた色々なコマンド実行方法の中でどれを選択しているかを考えてみると良いですよ。
それが色々考えた結果選択したやり方であれば問題はありません。

でも「初期設定でそうなっていたから」という理由でその操作方法をしている場合は、もっと別の便利なやり方がないかを調べてみる。
そんな考え方で自分の操作を煮詰めていくと、さらにオートキャド(AutoCAD)が便利に使えるようになるのでおすすめです。

関連記事

  1. リボンメニューをカスタマイズ
  2. ショートカットキーへの割り当てには限りがある
  3. 一時優先キーの考え方
  4. 一時優先キーの設定方法
  5. メニューバーを利用するやり方
  6. カスタマイズ機能のまとめ