オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

キーボードを使う操作方法

オートキャド(AutoCAD)の操作方法をカスタマイズする為に、まずはコマンドを実行する方法を色々と紹介してきました。
リボンやクラシック表示そしてメニューバーと、今まではマウスを使ってカーソルを移動して使いたい機能をクリックするやり方ばかりでした。

しかし今回はキーボードを使うやり方を紹介します。
どちらをメインに使っていくのか、という話は人によって判断が分かれるところですが、選択肢が多いというのは少ないよりも全然良いことです。

キーボードを使う方法

選択肢が多ければ多いほど、その中からベストのやり方を選びやすいから。
もちろん選択肢が多くて迷うという話もありますけど、少なくとも人それぞれ色々なやり方でオートキャド(AutoCAD)を使えるというのは良いですよね。

□キーボードからコマンドを入力して実行

まず紹介するのが、キーボードから直接コマンドを入力して実行するというやり方。
オートキャド(AutoCAD)を操作していると、画面下側にコマンドラインと呼ばれる表示スペースがあることが分かります。

コマンドラインと呼ばれる表示スペース

これがコマンドラインです。
上図では「コマンド:*キャンセル」という表示が並んでいますが、その下に「ここにコマンドを入力」という表示がありますよね。

この状態から、キーボードで直接コマンド名を入力して「Enter」を押すことで、そのコマンド名に対応したコマンドを実行するというやり方です。
例えば線分を作図するコマンドであれば「LINE」というコマンド名を、作図した要素を移動したければ「MOVE」というコマンド名をそのまま入力する。

このやり方のメリットは、マウスを移動しなくてもコマンドを実行出来るという点にあります。
様々な機能が画面上にボタンとして用意されている場合、そのボタンをクリックする為にカーソルをそこまで持っていく必要があります。

これは当たり前の操作ではありますが…
カーソルは線を引く際に画面上を指定したり、移動したい要素を画面上から選択したりなどがあるので、カーソルは出来れば画面の中心付近にあって欲しいと思うもの。

しかし様々なコマンドを実行する際に、毎回カーソルを画面上部にあるリボンまで持っていかなければならないのは、あまり効率が良いとは言えません。
その点、コマンドをキーボードから直接入力するやり方を採用すると、カーソルはそのままの状態でコマンドを実行する事が出来る。

これはかなり大きなメリットではないかと思います。

一方で、キーボードからコマンド名を直接入力する際のデメリットは、まず入力する文字が多くなりがちで手間がかかるという点がひとつ。
それぞれのコマンドに対応するコマンド名を全てフルネームで覚える必要があって、時にはかなり長いコマンド名もあるので結構大変です。

そしてこれは当たり前ですが、入力したスペルが少し間違っていた場合には、残念ながらそのコマンドを実行することは出来ません。
もう少しユーザーに優しくても良いんじゃないかと思いますけど、スペルが違うものは違うという感じで受け付けてもらえず。

もうひとつのデメリットは、コマンド名の入力は半角アルファベットである必要がありますが、操作の流れによっては入力が全角になっている場合が多いという点。
例えばコマンド名を入力する際に「MOVE」と入力したい場合でも、キーボード入力が全角になっている場合は「もう゛ぇ」と入力されるだけ。

全角入力となってしまった状態

そうすると上記のような状態になり、当然コマンドが実行されることはありません。
図面内に記載する文字は日本語表記になるので全角で入力する必要があり、この半角入力と全角入力の切り替えが意外に上手くいかないんです。

関連記事

  1. キーボードとコマンドの関係を覚える必要がある
  2. コマンドを新規作成する方法
  3. ショートカットキーへの割り当てには限りがある
  4. リボンメニュー内にツールバーを表示
  5. 押しやすいキーの範囲
  6. 一時優先キーの設定方法