オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

メニューバーを利用するやり方

前回はオートキャド(AutoCAD)のコマンドを実行する方法として、ボタンをクリックするやり方のひとつ「クラシック表示」を紹介しました。
これは結構昔からオートキャド(AutoCAD)を使っている方にとっては、もうおなじみという感じの設定ではないかと思います。

実際の仕事ではリボン表示ではなく、クラシック表示に切り替えて操作をしている方も結構いるのではないでしょうか。
ただ、この「クラシック」という意味は何となく分かるとは思いますが、念のために調べてみると以下のような意味が出てきます。

クラシック(classic):古典的・由緒のある

うーん…なんと言うか、古典的な操作方法なんでしょうかね。
もしかしたら今後バージョンアップを重ねていく中で、このクラシック表示はいつの間にか消えてしまう流れなのかも知れません。

だとしたらオートキャド(AutoCAD)にはリボンよりも便利な操作方法を用意してもらわないと困るよな…とユーザーとしては思います。
バージョンアップによって変化していくのは歓迎なんですけど、少なくともリボン表示がクラシック表示よりも便利だとは思えないので。

という個人的な感想はさておき、今回はオートキャド(AutoCAD)のコマンドを実行する別のやり方を紹介します。
あまり使う方はいないかも知れませんけど「メニューバー」を使うやり方です。

□メニューバーからコマンドを選択して実行

メニューバーを使ってコマンドを実行する方法について紹介しますが、そもそもメニューバーがどこにあるのかという話があります。
残念ながらオートキャド(AutoCAD)の初期設定では表示されていないので、まずはメニューバーを表示させるところからスタートです。

画面上部にクイックアクセスツールバーと呼ばれるツールバーがあって、そこには基本的なコマンドだけを集めて表示させるようになっています。
その一番右側に▼ボタンがあるのでクリックすると、結構色々なメニューが表示されて、その中に「メニューバーを表示」という項目があります。

メニューバーを表示

この項目をクリックするとメニューバーが表示されるようになって、場所としてはリボンの上側、下図の位置に表示されます。

メニューバーが表示された

これも昔からオートキャド(AutoCAD)を使っている方にとっては、やや懐かしい存在ではないかと思います。
「ファイル」とか「編集」などの項目が並んでいて、それぞれの項目をクリックすると下側にメニューがゾロッと表示されます。

メニューバーが展開された状態

上図を見て頂ければ分かるとおり、表示されるメニューにはたくさんの機能が文字として表示されていて、その文字をクリックすればコマンドが実行出来るようになっています。

メニューバーの大きなメリットは小さなスペースに一通りのコマンドが納まっていること。
表示させてもあまり気にならないくらいのスペースで、そこに色々と便利な機能が詰まっているというのは結構重宝するものです。

このメリットが逆にデメリットでもある、というのは特徴としては当然のことなのかも知れません。
メニューバーからコマンドを実行しようとすると、毎回下側にメニューを表示させてからコマンドを選択する必要があるんです。
ちょっと手順としては多いので、作図の効率は決して良いとは言えません。

そう言ったことを考えていくと、このメニューバーを使った操作をメインで考えるのはちょっと難しいかな…という気がします。
もちろんやり方を選ぶのは作図者本人なので、メニューバーが気に入ったとしたら使えば良いんですけど、なかなか選択しにくいやり方かも知れません。

関連記事

  1. キーボードとコマンドの関係を覚える必要がある
  2. 様々なやり方を組み合わせる
  3. 一定の水準を満たしたスキルを持つ意味
  4. コマンドを新規作成する方法
  5. 一時優先キーの考え方
  6. 一時優先キーの設定方法