オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

AutoCADのクラシックメニュー

オートキャド(AutoCAD)の操作方法をカスタマイズする前に、まずは基本的な操作方法の選択肢がいくつあるのかについて考えてみる。
そんな話を前回からはしてきて、まずは最も標準的な操作方法であるコマンドのボタンをクリックする方法を紹介しました。

リボンと呼ばれるボタンの集まりから今実行したいコマンドを探してクリックする、という非常に分かりやすいやり方です。
まずはこのやり方をデフォルトのやり方として覚えておいて、そこから変えたい操作だけを少しずつカスタマイズしていく。

そんな流れで少しずつ自分の使いやすいようなやり方を整えていく、というやり方で進めると結構スムーズではないかと思います。
ただ、このリボンという機能は割と最近のオートキャド(AutoCAD)で用意されている機能で、昔のバージョンにはそのような機能はありませんでした。

ではどのようなやり方でコマンドを実行していたのかというと、もう少し小さいボタンの集まりが用意されていました。
このやり方も同じようにそれぞれの機能に対応するボタンが用意されていて、そのボタンをクリックすることでコマンドを実行するという流れです。

ただ少しだけ見た目が違う。

AutoCADのクラシックメニュー

ちょっと画像が小さくなって見づらい状態ですが、リボンに比べるとボタンの大きさが小さくて、どんな機能なのかの文字も表示されていないのが分かるでしょうか。
その分だけたくさんのボタンを配置する事が出来るので、わざわざタブを切り替える必要がないという特徴があります。

このようにコマンドのボタンを配置する方式は、少し前のオートキャド(AutoCAD)では標準的なやり方でした。
でも今は少し昔のやり方になっていて、名前もなんというか…「クラシック」という表示方法になっています。

このクラシック表示をもう少し拡大してみると下図のようなイメージになっています。

クラシックメニューの拡大表示

小さめのボタンがところ狭しと並んでいるのが確認出来ます。
こうする事でたくさんのコマンドをひとつの画面に納めることが出来るので、ボタンのイメージと機能の関係を覚える事が出来ればかなり便利です。
このクラシック表示にしたい場合は、ワークスペースを切り替えればとても簡単。

ワークスペースの切り替え

オートキャド(AutoCAD)の画面右下にある歯車みたいなボタンをクリックすると、上図のような表示が出ます。
そこで「クラシック」をクリックするだけで、今までリボン表示だった状態から、すぐにクラシック表示に切り替わってくれる。

簡単ですね。

クラシック表示のメリットは、先ほども書きましたがたくさんのボタンを画面上に配置することが出来る点にあります。
リボン表示は確かに分かりやすいですけど、ボタンがそれぞれ大きい分だけ表示出来るボタンの数にはどうしても限りがある。

たくさんのボタンを表示させたい場合には、少しボタンは小さくなりますが、リボンよりもクラシック表示の方が優れてると言えるでしょう。
ボタンの配列もカスタマイズをする事で自由になるので、自分好みの設定を作り上げやすい表示方式ではないかと思います。

クラシック表示のデメリットは、やっぱりボタンが小さいことが原因で、コマンドがどのボタンに割り当てられているかが分かりにくいという点にあります。
これは慣れてしまえば全然問題にならないデメリットではありますが、最初のうちは結構分かりにくいのでかなり困るはず。

ここで挫折してしまう可能性もあるので、もう少し分かりやすいと良いのですが…
ボタンの大きさを考えると表現には限界があるので、そこが難しいところなんですよね。

関連記事

  1. 仕事はあくまでも時間がベース
  2. メニューバーを利用するやり方
  3. ショートカットキーのカスタマイズ方法
  4. 押しやすいキーの範囲
  5. キーボードでの操作方法
  6. ツールバーのカスタマイズ方法