オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

目標は高い方が良い場合も

当サイトではオートキャド(AutoCAD)の色々な機能を紹介する事で、作図の効率化をすすめていく手助けが出来ればと思っています。
作図する操作が早くて結果として短い時間で図面が完成するというのは、図面を描くプロとして仕事をしていく中でかなり強力な武器になります。

その為には色々な知識が必要で、それを工夫する気持ちも欠かすことは出来ません。
でも、そうした知識とか気持ちの持ち方とは全然別の話として、正確な図面を描くために必要な手助けをするというのは難しいと感じます。

なぜなら、正確な図面描くには「完成した図面をしっかり見直す」事しか出来ないから。
そこには特別な知識とか、知っておくと得するような設定とかはなくて、もうやり方はひとつしかない状態なんですよね。

とにかく毎回完成した図面を印刷して、内容をチェックして間違いがなくなるように気を遣うことでしか間違いをなくす事は出来ません。
それしかコツはないので、もう解説するような内容がないというのが正直なところ。

そうした理由があるから、オートキャド(AutoCAD)の操作に慣れた方であっても、正確な図面を完成させることが出来ない場合がある。
このあたりの話は技術的な内容ではなく、もう作図する方の習慣というか心がけ次第みたいなところがあるので、やり方もなにもないんです。

だからチェックしない方はどこまで経験を積んでもチェックしない。

図面チェックの重要性

逆に考えると、これからオートキャド(AutoCAD)を覚える方は、最初からスピードと正確さの両方を目指していくことが出来るとも言えますよね。
今現在のスキルはともかくとして、最初から正しいやり方で覚える事が出来るのであれば、そこはもしかしたら有利かも知れません。

最初から作図した図面を見直す習慣を付けておくと、もうそれが当たり前のことになるので、自然と正確な図面を描く準備が出来ている状態になります。
そうすると自然と作図する図面は正確になっていく。

これは「短時間で大きな成果をあげる」というようなスキルではありませんけど、仕事ですから比較的長いスパンで信用を得ていけば良いんです。
そうやって信用を得た頃にはもう操作のスピードも他の方よりも早くなっている、という感じになっていれば、もう食べていくのに困ることはないと思います。

単純にオートキャド(AutoCAD)の操作を覚えて図面を描く事を目標とするのか、それとももう少し高いレベルを目標とするのか。
それによって得られる結果は少し違うものになっていくと思うので、これからオートキャド(AutoCAD)を覚える方にはぜひ高いレベルを目指して欲しいと思います。

そうして仕事をやっていくと、見込みがありそうだと思われて色々な方から操作のコツとかを教わる事も出来るはずです。
まわりに経験者がいるかどうかによって全然違ってくるので、これは一概には言えないことではありますけど…

少なくとも私であれば、教えがいのない方に時間を割いて説明するのは無駄だと感じます。
もちろんその逆もあって、教えがいがあると感じる方がいれば、ちょっと鬱陶しいと思われるくらいに説明をしてしまうかも知れません。

そうした損得を考えながら仕事をする訳ではないですよ。
高いレベルを目指して努力をしていると、それが周囲にも伝わるので自然と助けてくれる人が増えていくという単純な話です。

仕事は評価されながら成長した方が良いに決まっているので、そうした良い循環でスキルアップしていくことが出来た方がよいです。
そのためという訳でもないですけど、やはり覚えるからには高い目標をもって取り組むことを当サイトではおすすめします。

関連記事

  1. カスタマイズのデメリット
  2. プロの定義について考える
  3. パソコンの設定を変えて便利に使う
  4. 仕事に費やす時間は膨大な量に
  5. 作図が遅いメリットはあるか
  6. まずは目的地を明確にする