オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

操作のスピードと正確さと

オートキャド(AutoCAD)の操作を少しでも便利にする為に、フリーソフトなどを活用してパソコン自体の設定を変えてしまう。
そうすることで、場合によってはかなり便利になることもありますが、やり過ぎると本来の目的を見失ってしまうので注意が必要です。

設定を色々と変えるのは、あくまでも作図を効率化するという目的があるからで、設定に詳しくなる事が目的ではありません。
これは何回も同じような事を書いていますけど、これを間違えると仕事が成立しなくなる可能性もあるので、本当に気をつけた方が良いです。

ここまでしつこくカスタマイズのやり過ぎに注意みたいな内容を書くというのはなんだろう…
オートキャド(AutoCAD)やカスタマイズに詳しくなる事が目的になってしまった。
そんな方を今まで何人も見てきましたが、やっぱり見ていてかなりイヤだったというか、こうはなりたくないと強く思っていたのかも知れません。

同じ立場で仕事をしているはずなのに、出来るだけ操作の無駄をなくそうとしている私と、一方でもう評論家みたいになっている方と。
あまりにも方向性が違うので、まあ合うわけはないですよね。

これはもう当たり前の事なんですけど、オートキャド(AutoCAD)は図面を描くために用意された便利なツールです。
その便利なツールをさらに使いやすくする為に色々とカスタマイズが出来るようになっていますが、それでも図面を描くという目的が変わることはありません。

オートキャド(AutoCAD)が持っている全ての機能について知り、それらの機能がどれくらい便利なのかを評価していく。
そんな作業をすると作図の効率が上がりそうな気もしますけど、評価をしただけでは作図のやり方は決して変わらないんですよね。

やっぱり自分のやり方にそれを取り込んでいかないと。

さて、そんな愚痴っぽい話はさておき…

オートキャド(AutoCAD)の知識と設定方法などを覚えて、作図の効率、つまり作図のスピードを高めていく。
そうしてプロとして少しでも高いスキルを持つ事を当サイトでは目指している訳ですが、もちろんスピード以外にも重要な要素というのは存在します。

図面には正確さが求められる

当たり前ですが「正確さ」も図面では非常に重要な要素なんです。
作図スピードと作図の正確さ。
このふたつの要素が、オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描く際には重要になってくるというか、作図する側に求められることになります。

では、図面を出来るだけ早く完成させることと、正確な図面を作図することとは、どちらを優先した方が良いのか。
そんな疑問が出てくるかも知れません。
もちろん最終的には「両方とも必要」という、身も蓋もない回答があるだけなんですけど…

最初に目指すべきなのは「正確さ」ではないかと当サイトでは考えています。
今まで操作の効率化について色々と書いてきたのに、全然違う話をしている、と思われるかも知れませんが、やはり図面に正確さを欠かすことは出来ません。

いくら短時間で作図が完了したとしても、その図面で10ヶ所以上間違いがあったりしたら、その図面を実際に使うのは難しいです。
正しい情報が記載されていないという時点で、その図面はまだ完成していないと判断される訳です。

それよりも、完成までに少し時間がかかったとしても、記載内容の間違いが少ない図面を使いたいと思うのは当然のことではないかと思います。
これは作図された図面を実際に見る立場になって考えるとすぐに理解出来ると思います。

なので、オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描く際には、まず「間違いが少ない正確な図面」を作図することを目指すと良いです。
…という当たり前の話で終わってもあまり効果がないので、もう少し話は続きます。

関連記事

  1. 作図のスピードはどうしても必要
  2. まずは目的地を明確にする
  3. AutoCADのカスタマイズ
  4. パソコンの設定を変えて便利に使う
  5. プロの定義について考える
  6. スキルアップの為に