オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

カスタマイズをする目的

オートキャド(AutoCAD)には色々な設定が用意されていて、その設定を調整することによって自分の好みにあった操作環境をつくる事が出来ます。
この自由さは使う側にとって嬉しい事ではありますが、色々な選択肢がある分だけ設定出来る項目は結構多めになっています。

これはもう当たり前の話というか、仕方がない話ではないかと思います。
理想的には「選択肢がたくさんあって自由度が高く、なおかつ設定もシンプルで分かりやすい」状態ではありますけど…
でも、そんな状況は矛盾しているので有り得ないですよね。

現実には、設定がシンプルであれば自由度が少なくなるのが当然で、設定が複雑になっていくほどに自由度が高くなっていくものです。
こうしたオートキャド(AutoCAD)の特徴を「自由度が高くて良い!」と思うのか、それとも「設定が多すぎて大変…」と思うのか。

これは使う側次第でどちらにも転ぶ事になるはず。

設定が多すぎて大変だと思っている方は、恐らくオートキャド(AutoCAD)を充分に使いこなす事が出来ていないのでしょう。
一方で自由度の高さに喜んでいる方は、仕事でキッチリとオートキャド(AutoCAD)を使いこなしているのだと思います。

自分が操作や設定に慣れていて使いこなしている場合には「自由度が高くて良い!」と感じるし、あまり上手く使いこなせていない場合は「設定が多くて…」となる。
気持ちがどちらに転ぶかはその人次第の部分が多いですけど、まあ人間なんて勝手なものですよね。

どう受け止めたとしても、オートキャド(AutoCAD)が持っている機能や特徴などは変わる事がありません。
だとすれば、その特徴をうまく生かして効率良く仕事をこなしていった方が良いのではないか、と当サイトでは考えています。

ちょっと堅い表現になっていますけど、要するに「せっかく色々な使い方が出来るのだから、使った方が得」という話ですね。
このようなオートキャド(AutoCAD)の特徴を生かして、自分の好みに合った操作に設定をしていく事を「カスタマイズ」と呼びます。

AutoCADのカスタマイズ

今回はオートキャド(AutoCAD)をカスタマイズして、出来るだけ便利に使いこなしていく事について考えてみたいと思います。
まずはオートキャド(AutoCAD)の操作を自分好みにカスタマイズしていくのはなぜなのか、という事を考えてみる事にしましょう。

このカテゴリで色々と書いているように、オートキャド(AutoCAD)のプロには効率の良い作図が求められます。
効率良い作図という表現は少し漠然としていますけど、出来るだけ時間をかけずに正確な図面を作図・修正するというようなニュアンスです。

作図や修正に時間をかけないようにするには、まずは操作で悩んだりして手を止めないようにすることと、無駄な操作をしないようにすることが重要です。
これはもう当たり前の話ではありますけど、オートキャド(AutoCAD)のプロとして操作を磨いていくには、こうした当たり前のことを真面目に考えていく必要があります。

作図中に手を止めないようにするには、オートキャド(AutoCAD)が用意している機能を一通り知っておけば良いですよね。
そうすれば今作図している図面の段階によって、どんな機能を使えば良いのかが分かってくるので、そこで悩む事はなくなります。

無駄な操作をしないようにする為には、様々な操作にかかる手間を出来るだけ少なくする事を考えていく必要があります。
その為には、オートキャド(AutoCAD)の使い方を少し自分の好みに変えていった方が良い場合も結構あります。

そんな状況で使うのが「カスタマイズ」なんです。

関連記事

  1. 作図のスピードはどうしても必要
  2. 図面チェックの重要性
  3. まずは目的地を明確にする
  4. 改善の積み重ねで差を付けていく
  5. パソコンの設定を変えて便利に使う
  6. 仕事に費やす時間は膨大な量に