オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

操作スピードが早い価値

オートキャド(AutoCAD)のプロには作図の効率化、もっと分かりやすく表現すると作図のスピードが求められます。
その理由はやはり時間とお金にあって…という話を前回は考えてみました。

せっかく仕事をすることで利益をあげようとしているのに、時間がかかってしまった事が原因で会社としては赤字になる。
これは会社として非常に困る状態なので、出来るだけそんな状況にならないように、作図する方にはスピードが求められる事になります。

もちろん仕事はそんな簡単な計算で成り立っている訳ではありません。

誰かを育てる為に色々と説明をしたり、会社としての考え方を統一する為に打合せをしたりなど、作図以外の時間というのはかなり多くなってくるはずです。
そうした必要な時間に対して「今やっている事はお金に結びついてない」などと考えるのは、あまりにも狭い考え方だと思います。

前回の話はそうした部分を考えず、単純に図面の単価と作図する方の時給という計算しかしていないので、極端に分かりやすい話になっています。
とは言っても、オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描く方には、作図スピードが求められる理由は伝わったのではないかと思います。

いくらでも時間をかけて良いのであれば、恐らくほぼ100%に近い完成度の図面を仕上げることは誰にでも可能でしょう。
だってとことん図面を見直す時間があるし、それを手直しする時間も無限にある訳ですから、いくらでも完成度は高める事が出来ます。

でも実際の仕事ではそんな夢みたいな条件など存在しません。

・いつまでに図面が欲しい

・図面の単価はこれくらい

・図面修正であれば何時間くらいかかるか

そうした前提条件が仕事では必ずあるので、それを守る為にはどうしても効率良く作図・修正していく事が求められる訳です。
与えられた条件と限られた時間の中で出来る限り完成度を高めていく、という事が必要になった際には、やはり操作スピードがどうしても必要なんですね。

作図のスピードはどうしても必要

プロとして求められる事を逆に考えると、オートキャド(AutoCAD)の操作スピードがあれば、仕事を続ける上で大きな武器になるとも言えます。
そうした武器を持っていると、仕事で困ることは少なくなっていく、という考え方も出来る。

この違いは結構大きなものがあります。

プロとして必要だからとか、求められるからという理由でオートキャド(AutoCAD)のスキルを高めていくのではなくて…
オートキャド(AutoCAD)のスキルを高めることが、今後仕事をしていく上で自分にとって大きな武器になっていくという感覚を持つ。

それが出来れば、きっとそれほど苦労する事もなく自分のスキルを高めていくことが出来るのではないかと思います。
会社の為に頑張るというのは少し違っていて、やっぱり自分の将来の為に頑張る方が分かりやすいし、その方が絶対に頑張りやすいですから。

そうしてオートキャド(AutoCAD)のスキルを高めていくと、会社から評価される事も増えてくるし、もしかしたら給料が高くなる可能性もある。
そうするとモチベーションが上がってさらにスキルを高めていきたい気持ちになっていく。

仕事でオートキャド(AutoCAD)を使う以上、そんな感じの良いスパイラルに入って自分のスキルを高めていった方が得になる事が多いはず。
損得勘定で仕事をする事に違和感を感じる方もいるかも知れませんが…

せっかく長いスパンで仕事をしていく訳ですから、やっぱりある程度評価されながら頑張った方が絶対に良いと思います。

関連記事

  1. スキルアップの為に
  2. パソコンの設定を変えて便利に使う
  3. 人と違うことが良いわけでもない
  4. 仕事する以上給料は無視できない
  5. AutoCADのカスタマイズ
  6. AutoCADを使いこなす為に