オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

「プロ」について考えてみる

オートキャド(AutoCAD)の機能を全部覚える事が目的ではなく、それを使って効率良く図面を描く事が目的。
そうした努力の方向性を見失わないようにしながら、継続して少しずつスキルを高めていくことがプロには求められる。

そんな話を前回は考えてみました。
ちょっと、というかかなり鬱陶しい話ではありますけど、スキルを高めていく為にはどうしても必要な考え方なので、ちょっと長めの話になってしまいました。
こんな説教みたいな話は仕事ではなかなか出来ませんね…

前回はそうした説明の中で、「オートキャド(AutoCAD)のプロ」というキーワードが結構頻繁に出てきたと思います。
この「プロ」という言葉は、当サイトでよく出てくるキーワードで、サイトのタイトルにもなっているキーワードでもあります。

今回はその言葉にフォーカスして、AutoCAD(オートキャド)のプロとそうでない方の違いについて考えてみたいと思います。
まずは「プロ」の反対に位置する言葉を調べてみると「アマチュア」とか「ノンプロ」という言葉が出てきます。

プロの定義について考える

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描くアマチュア、という言葉はどうにもしっくりこない感じがあって、違和感を感じてしまいます。
要するに趣味で図面を描いているというニュアンスになるかと思いますが、実際にそんな方は滅多にいないはず。

なので、今回は「オートキャド(AutoCAD)のプロ」と「そうでない方」という表現で区分をしています。
仕事でオートキャド(AutoCAD)を使っているけれど、そこまでの水準に達していないというイメージで読んで頂ければと思います。

一般的な「プロ」の定義を調べてみると、職業的という事で、それを本職としているか、つまりそれで生計を立てているかによって区分されるようです。
そういった区分で考えると、AutoCAD(オートキャド)を使って仕事をしている方であれば、基本的には全て「プロ」という分類が出来ることに。

もう少しプロについて考えてみると…
オリンピックに出場するくらいのアスリートであれば、もうその競技に没頭しているはずなので「プロ」ではないかと思ってしまいます。
しかしそうしたアスリートを「プロ」と呼ぶことはしないんですよね。

スポーツでプロと呼ばれるのは、プロ野球選手やプロテニスプレイヤーなど、スポーツによって契約金や賞金などを得る方に限られる。
これも少し変な話ですよね。

そうしたプロスポーツ選手とオリンピックに出場するようなアスリートの違いがどこにあるのかを考えてみると、やはり試合などにお金を支払って見に行くかどうかの違いなのでしょうか。
そのあたりを細かく考えると、オートキャド(AutoCAD)を使って仕事をしている方を全て「プロ」と呼んで良いのかが少し気になってきます。

ただそれでも。
やっぱりオートキャド(AutoCAD)を使った仕事で収入を得ている以上は、職業にしている訳ですからプロと呼んだ方が良いと当サイトでは考えています。
ちょっと細かい話になってしまいましたね。

同じ「オートキャド(AutoCAD)のプロ」でも、それぞれの方が持っている知識やスキルは当然違ってきます。
でも仕事で使っているツールである以上、今持っているスキルの中で最大限に効率よく仕事を進める事が求められます。

どこまで知識があるかを求められるのではなく、今持っている知識を生かして最大限に効率良く仕事をする事が求められる。
そして、今持っている知識やスキルを常に高めていく事も求められる。

これが仕事でAutoCAD(オートキャド)を使っている「プロ」と、そうでない方の大きな違いではないかと思います。
話が長かった割に、すごく当たり前の結論になってしまいました…

関連記事

  1. 作図が遅いメリットはあるか
  2. パソコンの設定を変えて便利に使う
  3. カスタマイズを移行したい場合も
  4. 図面には正確さが求められる
  5. 人と違うことが良いわけでもない
  6. 作図のスピードはどうしても必要