オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

知識を身に着けた後の展開

今まで色々とAutoCAD(オートキャド)についての話をしてきて、振り返ってみるとかなり長い説明になってしまいました。
説明が長い事と、有益な情報量が多い事とは必ずしもイコールではないけれど…

私がオートキャド(AutoCAD)のプロとして持っている知識の中で、伝えたい内容をかなり放出することが出来たかなと思っています。
自己満足という訳でもないのですが、自分の中にある情報をアウトプットする事で、かなり頭の中を整理する事が出来ました。

もちろん当サイトで取り上げられている内容がAutoCAD(オートキャド)の全てという訳ではありません。
もしそうだとしたら、私はオートキャド(AutoCAD)の評論家として仕事が出来そうですけど、残念ながらそんな事にはならないんですよね。

まあ、そもそも評論家なんてなりたくないですけど。
やはりオートキャド(AutoCAD)のプロであれば、誰かのスキルを評価したりする立場ではなく、誰かに評価される側にいたいものです。

私が持っているオートキャド(AutoCAD)の知識やスキルは完全とは言えません。
これは私だけではなく、実際に仕事をしている方全てに言える話だと思います。
しかし、全ての知識を自分の中で持っていない限り仕事にならないのかというと、実際にはそんな事はないので大丈夫です。

今持っている知識で仕事に立ち向かう

必要なのは全ての機能について知っているという状態を目指す事ではなく、今現在持っている知識を駆使して出来るだけ効率よく仕事をこなしていく事。
今持っている武器だけで何とか戦っていく、という姿勢がまずは重要になってきます。

もちろんずっとその状態では厳しいので、さらに効率よく仕事をこなす事が出来るように、仕事を継続しながらその知識とスキルを常に高めていく事も重要です。
この流れが出来上がると、仕事をすればする程にスキルは高まっていき、どんどん仕事が楽になっていくという経験が出来るはず。

と言うことで…
このカテゴリでは、オートキャド(AutoCAD)の機能やコマンドなどをある程度覚えた後で考えること、というテーマで色々考えていきたいと思います。

オートキャド(AutoCAD)をある程度覚えた方に意識して頂きたいのは、自分の知識はまだ充分ではないと思って欲しいという事。
ある程度スムーズに操作できるようになった時点で「これでオートキャド(AutoCAD)を覚える事が出来た」と思うのは危険です。

ただ、こうした考え方は言うまでもないくらいダメな事なので、そんな考え方をする方は少ないとは思います。
それならばどの時点で自分の知識とスキルに満足するのかというと、正解はきっと「ずっと満足しない」という事になると思います。

ある程度オートキャド(AutoCAD)の知識を持ったとしたら、その知識を使っていかに効率よく作図や修正が出来るかを考えます。
そうして無駄をなくしていく事を考えて操作を磨いているうちに、新しいバージョンが発売されて仕事で使える機能が搭載されたりもします。

そして他の方がどのような使い方をしているかを参考にして、さらに自分のやり方を効率良くしていく事を考えていく。
そんな事を繰り返していくと、いつまで経っても「これでもう完璧でこれ以上の改善は無理」というレベルにたどり着く事は出来ないものです。

とは言っても、仕事でオートキャド(AutoCAD)を使う事を考えると、恐らくある程度操作を改善した段階で充分問題のないレベルにはなっているとは思います。
だからその時点で「完成」と考えても良いとは思いますが…

そう思った瞬間から、もうスキルが高まることはないので、長い目で見るとそれは良くない事ではないかと当サイトでは考えています。

関連記事

  1. 作図のスピードはどうしても必要
  2. まずは目的地を明確にする
  3. 仕事する以上給料は無視できない
  4. パソコンの設定を変えて便利に使う
  5. カスタマイズを移行したい場合も
  6. 図面には正確さが求められる