オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

印刷関連機能まとめ-4

オートキャド(AutoCAD)の印刷関連機能について、今まで説明してきた内容をまとめてきましたが、まとめは今回で終わりです。
最後にちょっとマニアックな設定かも知れませんが「pc3」ファイルと、連続印刷機能としてパブリッシュ機能を紹介して終わります。

□pc3ファイルの活用方法

オートキャド(AutoCAD)で作図した図面を印刷する際には、色々な設定をしていく必要がありますが、その際に選ばなければならない選択肢の数は結構多いです。
例えばプリンタであれば、パソコンにインストールされているプリンタが全て表示されていて、その中からよく使うプリンタを選択する必要があります。

しかし実際によく使うプリンタというのは、A1サイズの図面を印刷する場合のプロッタと、A3サイズの図面を印刷する場合のプリンタがあるくらいです。
あとは先ほども書いたように、紙に印刷するのではなくPDF形式の図面として保存をする為に用意されたPDFプリンタを選択するくらい。

要するに三種類くらいしか実際には選択しないのに、場合によっては10種類くらいのプリンタが表示されているリストからプリンタを選択する場面があります。
これは明らかに無駄な手間で、絶対に選択しない選択肢があるというのは、やはり仕事の効率化を考えるとなるべく避けたいところです。

また、プリンタを選択した後で「どんなサイズの用紙に印刷をするか」という選択肢があります。
A1サイズの図面を印刷出来るプロッタであればA1サイズの用紙を選択するし、A3サイズの図面を印刷するプリンタでは、やはりA3サイズの用紙を選択する場合が大半です。

なのに用紙の選択肢は、写真サイズやはがきサイズなどの選択肢が表示されている。
これも「絶対に選択しない選択肢があって困る」という、先ほどのプリンタについての話と全く同じで、あまり効率が良いとは言えません。

そうした色々な無駄を省略するために、オートキャド(AutoCAD)が用意してくれているのが「pc3」というファイルです。

・まずは通常使うプリンタを選択

・プロパティ画面で不要な用紙サイズを表示しない設定に

・ついでにカラー印刷かモノクロ印刷かも設定しておく

・その設定をプリンタ名として分かりやすい名前で保存

・必要なプリンタを作成した後で「システムプリンタは非表示にする」

このような手順を踏む事で、印刷をする際に選択する選択肢は非常にシンプルな状態になります。
シンプルな状態にする為の手順は結構手間が多いですが、一度準備が出来てしまえばその後はもうシンプルな状態で操作するのみ。
ある程度時間をかけて(と言っても数十分だとは思いますが)やってみる価値はあると思います。

要するに「絶対に選択するものだけが選択肢としてリストに表示されている」という状態になるので、これ以上ないくらい無駄がない印刷操作が実現する事に。
と、これは少し大げさな表現でしたが、必要のない選択肢を表示しないだけでもかなり操作はシンプルになるのでお勧めです。

これは非常に地味なせいか、私の周囲で実行している方はそれほど多くはありません。

□パブリッシュによる図面の一括印刷

オートキャド(AutoCAD)ではひとつのモデル空間に作図をしていき、その内容をペーパー空間に抜き出してレイアウトしていくというやり方が出来ます。
モデル空間とペーパー空間、そしてビューポートという機能を組み合わせる事で、この非常に便利なやり方が実現します。

このやり方で図面をレイアウトしていくと、パブリッシュという機能を使ってペーパー空間にレイアウトした図面を一括で印刷する事が出来ます。
連続印刷処理というのは昔のオートキャド(AutoCAD)にはなかった機能で、この機能が出来た時にはもう大喜びでした。

パブリッシュ機能を使うことによって、確実に仕事の効率は間違いなくアップすると分かっているからで、これはもう本当に便利な機能です。
パブリッシュ機能を使って一括で印刷をするには幾つかの制約があります。

・ペーパー空間を複数選択してパブリッシュする

・なので図面1枚につき1つのペーパー空間で構成する

・そのペーパー空間を印刷する設定をあらかじめ作っておく

しかしこうした制約は特に操作を制限する程のものではないので、パブリッシュ機能の特徴を知って設定をしていけば大きな問題にはなりません。

印刷関連機能まとめ

という事で…

図面を印刷する作業に関わる話をこのカテゴリでは取り上げてきましたが、長かった説明もようやくこれで終わりになります。
ここまで読んで知識を貯めた方には、ぜひ実際の業務で使ってみてスキルを高めていって頂きたいと思います。

関連記事

  1. 図面チェックの重要性
  2. 図面は紙に印刷して使う
  3. ペーパー空間を追加する方法
  4. PDFデータを送付すると親切
  5. 印刷結果と色の関係
  6. 色による印刷結果のコントロール