オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

パブリッシュ=連続印刷

前回はオートキャド(AutoCAD)が持っている印刷機能のひとつ「パブリッシュ」について説明をするつもりでした。
でも印刷を効率化するという話から「そもそも作業を効率化する意味とは」みたいな、全然違う話に進んでしまいました。

こうした考え方は多様性があって当然なので、私の考え方が絶対的に正しくて、そうではない考え方は間違っている、という話ではありません。
「これが正解」というような分かりやすい回答があると楽なんですけど、実際はそんな事にはならないんですよね。

…と、ちょっとカテゴリ違いの話になってしまったので話を戻します。

今回はオートキャド(AutoCAD)が図面を印刷する為の機能として用意している「パブリッシュ」機能を取り上げていきます。
そして、印刷機能についての説明はこれで恐らく最後になると思います。

パブリッシュ:出版する・刊行する・発行する

パブリッシュという言葉について調べてみると、このような意味がある事が分かります。
イメージとしては「図面を発行する」みたいな意味合いになるのかな…という感じで、発行ということはつまり図面を印刷するということになります。

ただ、通常の印刷とパブリッシュの大きな違いは、複数のペーパー空間を選択してまとめてパブリッシュが出来るという点にあります。
つまり、オートキャド(AutoCAD)ではパブリッシュ機能を使うことで複数の図面を一度に印刷する事が出来るということで、これは結構便利です。

パブリッシュ=連続印刷、という感じです。

昔のオートキャド(AutoCAD)では連続印刷機能が用意されていなくて、実際の仕事で結構不便だと感じる事が多かった。
でもそうした要望に応える形でパブリッシュ機能が用意されたので、ぜひともパブリッシュ機能の使い方を覚えて使いこなしていきましょう。

パブリッシュを活用する際にはいくつかの条件があるので、具体的な使い方を説明する前に、まずはその条件を紹介します。

・ペーパー空間を複数選択してパブリッシュする

・なので図面1枚につき1つのペーパー空間で構成する

・そのペーパー空間を印刷する設定をあらかじめ作っておく

これがパブリッシュをする為の条件になります。
パブリッシュという機能自体が、ペーパー空間のタブを複数選択して、そのタブをまとめて印刷するというやり方になっています。

なので、あまりやらない手法ではありますが、ひとつのペーパー空間に複数の図面を詰め込んでいくやり方はお勧め出来ません。
あくまでもペーパー空間内には1枚の図面だけを配置して、同じ設定で連続印刷の処理をしていく、というような考え方になります。

そして、それぞれのペーパー空間をどんな設定で印刷するのかを決めておく。
そんな手順でパブリッシュによる図面の連続印刷処理をしていくことになります。

こうした条件と手順などをまずは意識しつつ、これから具体的なパブリッシュによる連続印刷の操作手順を確認していきましょう。
まずはサンプル図面として「1」から「3」までのペーパー空間を用意してみました。

パブリッシュ用のペーパー空間

これらのペーパー空間をまとめてパブリッシュで連続印刷してみましょう。
とりあえず「1」という名前のペーパー空間に移動してみると、内容としては下図のような状態になっています。

ペーパー空間の中身

単純にA1の用紙サイズでビューポートが作成されていて、文字がひとつ「■縮尺1/50の図面」という記載があるだけ。
通常の図面であれば図面枠があってその内側にビューポートという感じで、今回のサンプルは決して完成図とは言えませんが…

パブリッシュの操作はこれでも可能なので、まずはこのサンプルでパブリッシュ操作をやってみましょう。

関連記事

  1. 評価と収入を高めるため
  2. 用紙サイズを絞り込み
  3. 用紙サイズの考え方
  4. 印刷時の設定項目
  5. 色による印刷結果のコントロール
  6. モデル空間とペーパー空間の切り替え