オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

仕事の評価とやりがいの関係

オートキャド(AutoCAD)を使った仕事を少しでも効率化していくのがプロとしての役割で、その目的はやはり評価を得て給料を上げていく事にある。
前回はそんなちょっとギスギスした話をしてきましたが、オートキャド(AutoCAD)の印刷機能とは全然違う話ですよね…

もう少し説明をした後で印刷関係の話に戻りますが、今回はあとちょっとだけそのあたりの話を補足してみたいと思います。

オートキャド(AutoCAD)の操作を効率化してスキルアップしていく事で、会社から高い評価を得て給料を高めていく事を目指す。
当サイトではそんな方向性をお勧めしていますが、もちろん考え方は人それぞれなので「仕事へのやりがい」を重視する方がいる事も承知しています。

どんな方向性であっても、自分のスキルを高めていって仕事で評価される事に違いがないのであれば、それで全然OKではないかと思います。
やりがいを目指した方が何となくクリーンなイメージもありますし。

仕事とやりがいの関係

ただ、「やりがい」とか「自分らしい働き方」というような言葉は少し漠然としていて、具体的に何を目指すのかが分かりにくいような気もします。
これは私の考え方が少し歪んでいるからかも知れませんけど、実際に色々な方を見てきた中で、ちょっと気になる事もあります。

「やりがい」とか「自分らしい働き方」といった種類の言葉は、少し曖昧なものだし、全て自分の中で評価するものなんですよね。
曖昧なものを自分の中で基準にするというのは、実際にはかなり難しい事なのではないかと。

自分の中で評価するものを基準にすると、少し極端な話をしてしまいますが、以下のようなミスマッチが出てくるような気がします。

「仕事は遅いけど自分なりにやりがいを感じている」とか。
「効率化などギスギスした事を考えないのが自分なりの働き方」とか。

この「自分なりに」という考え方をすると、どうしても客観的に自分を見る事が難しくなってくるので、あまりお勧めは出来ません。
もちろん自分からそんな考え方を公言する方はほとんどいないのですが、仕事のやり方を見ているとやはり自己評価が基準になっている。

周囲に自分よりも明らかに高いスキルを持っている方がいても、「私は自分なりに頑張っている」という考え方をすると「人は人、私は私」という事になってしまいます。
そうなると高いスキルを持っている方から教わるとか、どんなやり方をしているのか興味を持って自分のやり方に取り入れるなど、出来るはずもありません。

少し抵抗があるかも知れませんが「周囲からどう評価されているか」を意識した方が、スキルを高める為には有効ではないかと思います。
もちろん周囲からの評価が全てとは言いませんけど、それでも評価というのは一定の効果があるものですから。

会社が求めているもとの違う考え方をすると会社も不幸ですし、仕事をする方も評価されないので結局不幸になるという方向に進みがちです。
結局仕事で評価されない状態では、仕事にやりがいを感じる事は次第に難しくなってくる、という部分が重要なところではないかと思います。

やはり「やりがい」と「評価」はある程度セットで考えた方が良い気がします。

その点「スキルを高めてそれを生かした給料の高い仕事に転職」とか「今の会社で評価を高めて給料を上げてもらうように交渉」の方が分かりやすいのではないかと。
そうして頑張っていく訳ですから、そもそも最初からやりがいがある。
そんな方向性が会社にとっても働く側にとっても良いのではないかと思います。

関連記事

  1. CADデータである事のメリット
  2. 印刷時の設定項目
  3. 印刷関連機能まとめ
  4. 印刷時の設定項目
  5. 評価と収入を高めるため
  6. ビューポートとは何か