オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

図面をPDFに出力する方法

オートキャド(AutoCAD)を使って作図した図面を相手に見てもらう際には、CADデータを送るのではなくPDFデータを送る。
前回はそうした話を取り上げてきました。

CADデータの場合は送られる側にCADがインストールされている必要がありますが、PDFデータであればCADは必要ありません。
そうすると図面を開く為の条件が非常に緩くなり、手間も少なくて済むし、高い品質の図面を簡単に印刷する事も出来ます。

今回はそんなPDFデータについてもう少し考えてみる事にして、さらにオートキャド(AutoCAD)の図面をPDFにする具体的な手順も紹介していきたいと思います。
まずはPDFデータがどのようなものなのか、というところから。

PDFというファイル形式は、アドビシステムズ株式会社が開発したファイル形式で、無料でダウンロード出来る「Acrobat Reader」というソフトで閲覧や印刷をすることが出来ます。
オートキャド(AutoCAD)で作図した図面だけではなく、書類など様々なソフトで作成したファイルをどんな環境でも閲覧出来るようにという目的で開発されました。

無料でダウンロード出来るソフトを使う事で、誰でも開けるファイル形式になっている、というところがポイントですね。
OSやパソコンの環境などに関わらず、「Acrobat Reader」を使えばどんな状況でも書類を閲覧出来るという優れたデータ形式です。

dwg形式の図面データであれば、その図面を閲覧する為にオートキャド(AutoCAD)が必要になってきますが、ソフトを購入するのは結構なコストがかかります。
しかしオートキャド(AutoCAD)で作図した図面をPDF形式にしてしまえば、閲覧する際に「Acrobat Reader」があればOKという事に。

PDFデータを送付すると親切

なので、相手に図面を送付する際には、CADデータだけではなくPDFデータも送付しておく、というやり方が親切ではないかと思います。
そうすれば、オートキャド(AutoCAD)を使えない方であっても、図面の内容を確認する事が出来ますし、印刷も簡単にできますから。

実際にオートキャド(AutoCAD)で作図した図面をPDFにする場合。
その具体的な手順は結構簡単で、図面を印刷する操作で図面をPDFデータにする事が出来ます。

図面を印刷する際には「どのプリンタに出力するか」を指定する事が出来ます。
そこでA1サイズの図面を印刷するプロッタを選択したり、A3サイズの図面を印刷するプリンタを選択したり、という設定をしていきます。
そうしたプリンタの中に「PDF形式で印刷する」という選択肢があるという感じです。

プリンタとして「PDF印刷」を選択すると、印刷処理を実行した際には、図面が紙に印刷される代わりにPDFデータが作成されます。
印刷の操作自体それ程難しくないので、作図している図面をPDFにするのはもう本当に簡単。

オートキャド(AutoCAD)側でもPDF印刷をする為のプリンタ設定は用意していますが、フリーソフトでPDF印刷ソフトもたくさんあります。
そうしたフリーソフトを色々試してみるか、アドビシステムの「Acrobat」というソフト(これは有料です)があればそちらを使った方が良いです。

「PDF 印刷」などで検索すればたくさんのソフトが見つかるはずなので、使いやすいソフトを色々試してみる事をお勧めします。
一度使うソフトが決まりさえすれば、あとはもうプリンタの選択肢として「PDF印刷」を選択すれば良いだけですから。

関連記事

  1. CADデータである事のメリット
  2. 色による印刷結果のコントロール
  3. モデル空間とペーパー空間の切り替え
  4. 実際に使うプリンタは限られる
  5. 仕事とやりがいの関係
  6. 印刷時の設定項目