オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

印刷時の設定について-3

前回はオートキャド(AutoCAD)の印刷設定として、用紙サイズと印刷領域の設定について説明をしてきました。
ちょっと長い説明になってしまいましたが、実際の仕事では恐らく使用するプリンタと用紙サイズについては毎回ほぼ固定になってくるはずです。

切り替えるとしたら、A1サイズで印刷する場合はプロッタを指定して、A3サイズで印刷する場合はプリンタを指定するくらい。
あとはもう少し後で取り上げるつもりですが、図面をPDF化する場合にプリンタを変更するくらいなので、全部で三種類程度の切り替えになるかと思います。

つまり、このあたりの設定はほぼ毎回固定か多くても三択という事になるので、設定の操作としてはすぐに終わって次に進めるはず。
という事で今回も引き続き印刷設定について説明していく事にして、今回は印刷の縮尺とオフセットについて取り上げてみます。

□印刷の縮尺

ここでは図面を印刷する際に「どんな縮尺で印刷するのか」を設定する事が出来ます。
縮尺の基本的なルールとしては、例えば縮尺 1/50 とか縮尺 1/100 のように、分子は確実に「1」となるのが普通です。

そのルールを守らない事を考えてみると、縮尺 7/50 という感じになりますけど…全然縮小率がイメージ出来ないですよね。
これでは三角スケールで寸法を計測する事も出来ないので、縮尺を合わせていないとの全く一緒の状態になってしまいます。

図面の縮尺ではこうしたルールが存在します。
オートキャド(AutoCAD)の縮尺設定は下図のような表示になっているのですが、こうしたルールを意識するとちょっと違和感があるかも知れません。

縮尺設定の画面

上図のように印刷尺度の項目では、「尺度」という設定項目からあらかじめ用意されている尺度を選択するか、あるいはその下にある数値を変えることで縮尺を設定します。
尺度項目をクリックすると、図面で使う大抵の縮尺が用意されている事が確認出来ます。

尺度を選択する場合の選択肢

ここで例えば尺度として1/20を選択すると、下図のように尺度が切り替わります。

縮尺1/20に設定した場合

こうして尺度を切り替えてみると数値の意味が分かってくると思います。
尺度項目の下にある数値入力をする部分は二段ありますが、そのうちの上段が縮尺の分子、下段が縮尺の分母という事になっている訳です。

なので、主に下段の数値を切り替える事で図面の縮尺を変えていく、という操作が多くなってくると思います。
操作としては非常に簡単ですよね。

設定としては「用紙にフィット」という項目があって、ここにチェックを入れると選択した用紙と印刷領域にあわせて縮尺を自動で設定してくれます。
しかしこれでは確実にキリの良い縮尺にはならないはずで、縮尺の合っていない図面はあまり意味がないので、この項目は使わない方が良いです。

□印刷オフセット(余白などの設定)

印刷のオフセットという項目では、図面を印刷する際の余白をどのように設定するか、という部分を細かく調整する事が出来ます。

印刷オフセットの設定画面

設定としては上図のようにシンプルで、X方向・Y方向のオフセットを指定するか、もしくは「印刷の中心」にチェックを入れるかという設定になっています。
一番使いやすいのは「印刷の中心」にチェックをいれておく設定です。

そうすると、用紙サイズと印刷領域と図面の縮尺にあわせて、図面を用紙の中心に配置するように余白の設定をしてくれます。
X方向・Y方向のオフセットがマイナスの場合は、指定した印刷領域と縮尺では用紙に入りきらないという事を意味しています。

オフセットが5mm~10mm程度になっていると、用紙に対して余白がその程度という事になるので、指定した用紙いっぱいに図面が印刷されているという意味になります。
そのあたりが自動で確認出来るので、やはり「印刷の中心」にチェックを入れておく事を当サイトではおすすめします。

関連記事

  1. 印刷結果と色の関係
  2. 作図した図面のチェックは必須
  3. 印刷時の設定項目
  4. PDFデータを送付すると親切
  5. 印刷スタイルの新規作成
  6. 図面は紙に印刷して使う