オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

完成した図面は印刷が必要

特に設定を変えない限り、新しくペーパー空間を作成すると自動的にビューポートがひとつ配置された状態からスタートします。
もちろんそのビューポートは想定している縮尺ではないし、大きさも違っていますが、最初から用意されているビューポートが自分の思惑通りの設定になっているはずはありません。

なのでそこから図面枠に対してどんなサイズなのか、そして縮尺をどんな設定にするのかなどを調整していく事になります。
そうして編集を進めて整えた後で、必要であれば整った状態のビューポートをコピーしていく、というやり方が効率的だと思います。

ペーパー空間の設定に関してはそんな流れになる場合が多いため、新しくビューポートを作成する機会というのはそれ程多くありません。
とは言っても、間違って消してしまったりなどがあるので、やり方は覚えておいた方が良いという事で前回はビューポートの作成方法について説明をしました。

オートキャド(AutoCAD)の画面上から二点を選択して、その点を対角点としたビューポートを作成する、という手順でした。
これもまた自分で想定していたビューポートのサイズや縮尺とは違った状態で、結局はそこから微調整をしていく必要があります。

こうした手間があるので、毎回新しくビューポートを作成して微調整していくやり方は、それ程効率的とは言えないんですよね…
やはりひとつ正確に調整したビューポートをコピーして使う方が、効率を考えると良いのではないかと当サイトでは考えています。

このあたりの判断は人それぞれなので、まずは色々な操作を試してみて「これが良さそう」という自分のやり方を確立していくのが良いと思います。
そうして自分のやり方を持っておくと、オートキャド(AutoCAD)の操作は少しずつスムーズになっていくはずですから。

それにこだわりすぎてしまうと、新しくより便利な機能が登場した時に「自分のやり方がベストだから」という考えになってしまい、変化出来ないという欠点もありますが…
そのあたりは本人の考え方次第ですよね。

自分のやり方を確立する事が目的ではなくて、仕事を効率良く進める事が目的で出来るだけ無駄のないやり方を探しているだけなんです。
そう考えると、自分のやり方に固執する事が非効率的だと分かり、新しいやり方に簡単に変わっていく事が出来るはずです。

少し話が逸れてしまった感じがしますけど、これは実際にオートキャド(AutoCAD)を使って仕事をしていく中で結構ぶつかる問題なんです。
プロとしてスキルアップしていくためには考えなければならない話でもあるので、このあたりの話は改めてしようと思っています。

さて、ビューポートについての説明は終わったので、今回からは作図した図面を印刷する具体的な手順について考えていく事にします。

図面を印刷する

モデル空間で作図を進めていき、その内容をペーパー空間で抜き出して、そこに図面枠などを配置して図面としてまとめていく。
そんな手順で図面を一枚の書類として整えた後は、その図面を紙に印刷していく手順に進んでいくことになります。

その為にはまず「印刷」コマンドを実行する必要があって、そのコマンドは「出力」タブ内の「印刷」メニューに「印刷」というボタンが用意されています。

印刷ボタンの場所

オートキャド(AutoCAD)の画面左上にある「A」ボタンをクリックすると表示される基本メニュー内にも印刷ボタンがあります。

左上のAからもコマンドを選択出来る

どちらのやり方でも良いですし、ショートカットキーに登録をしておくやり方でも良いので、まずは印刷コマンドを実行するところからスタートです。

関連記事

  1. ペーパー空間の考え方
  2. 印刷関連機能まとめ
  3. 印刷結果と色の関係
  4. 仕事とやりがいの関係
  5. PDFデータを送付すると親切
  6. 印刷スタイルの設定