オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ビューポートをおさらい

ペーパー空間に配置するビューポートには、モデル空間に作図された内容を抜き出して表示する事が出来るという特徴があります。

なぜこのような機能が用意されているのか?

という疑問を抱くかも知れませんが、これは実際にやってみるとすぐに「これは非常に便利な機能だ」という事が分かるはずです。
とは言え「やってみれば分かりますよ」では説明になっていないので、ここでもう一度ビューポートが存在する理由を確認してみると…

・図面には必ず図面枠が必要になる

・建物など大きな作図対象は1枚の図面には入りきらない

・図面の縮尺も決まっているので図面を分割表現する必要がある

・図面を分割しながら同じ場所に図面枠を配置するのは非常に難しい

・それならば作図した内容を抜き出して別の空間にレイアウトした方が良いのではないか

・その為にビューポートという機能が用意されている

オートキャド(AutoCAD)で図面をまとめる際に、ビューポートという機能が必要な理由は上記のような感じになります。
作図する為のスペースにどんどん作図していく事は簡単に出来ます。
しかしそれを図面としてまとめるには、体裁を整えていく必要がある。

図面というのは書類のひとつでもあるので、適当に抜き出して印刷しただけでは情報としては不足で、やはり図面枠があってどんな図面なのかを説明する事が求められるんです。
図面として体裁を整えるために色々やってみると、ビューポートという機能はかなり便利だという事が分かってくる、という感じですね。

この機能があるからこそ、作図する為の場所としてモデル空間があって、図面をレイアウトして印刷する為の場所としてペーパー空間があるという関係が成り立ちます。
こうした関係性は今まで色々と説明をしてきているので、その説明を読みながら実際にオートキャド(AutoCAD)を操作してみる事が覚えるための一番の近道です。

何度も自分でやってみてモデル空間に作図した図面とペーパー空間に配置するビューポートの関係、そして図面の縮尺がどうなるかの考え方を掴んでいきましょう。
そして最終的には、その考え方を他の方に説明する事を意識しつつ覚えていくのが効果的です。

他人に説明するにはまず自分が完全に理解している必要があります。
何となく分かったつもりになっている事をいざ説明しようとすると、どこかで必ず漠然とした表現が出てくることになるはず。
つまり上手く説明出来ないという事に気がつきます。

相手が完全に理解出来るまで、様々な表現で言葉を変えながら説明していく為には、やはり自分がそれを完全に理解していないと出来ないんですよね。
なので、それが出来るくらいにビューポートの考え方をしっかりと理解していく事を目指す。

これはビューポートに限った話ではなく、あらゆる機能で同じような話が当てはまります。
私がこのサイトでオートキャド(AutoCAD)について色々と説明しているのも、自分の知識をより高めたり正確にするという目的がある訳です。

当サイトを読んで頂くような方はきっと勉強熱心な方だと思います。
オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描いている方が全員そんなに勉強熱心な訳ではないので、そこでまずは大きな差が付くはず。

その差をさらに大きなものにする為にも、ここで得た知識を自分で消化して、自分の言葉で説明出来るようになる事をお勧めします。
もちろんそれ程簡単な事ではありませんが…だからこそ。

難しい事が実現出来た時には、それがもう非常に大きな価値になっていくはずです。

関連記事

  1. PDFデータを送付すると親切
  2. プリンタの選択肢を限定する
  3. 完成した図面は必ずチェック
  4. 図面を印刷する
  5. 評価と収入を高めるため
  6. ビューポートの調整方法