オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ビューポートとは何か?

モデル空間上で作図した要素をペーパー空間上で1枚の図面としてレイアウトしてまとめていく、という流れがオートキャド(AutoCAD)で作図をする際には一般的です。
そうした仕組みによって、大きな作図対象をモデル空間でそのまま表現する事が出来、それを部分的に抜き出して図面とすることが可能になっています。

少し分かりにくいのが難点ではありますが…そこはもう何回か説明を読んで、何回も実際に操作して試してみるしかありません。
そうして少しずつ考え方に馴染んでいき、操作にも慣れてきたら…もうこっちのもの。

モデル空間とペーパー空間の概念はもともと非常に優れた機能を持っているので、慣れてしまうことさえ出来れば後はもう便利に使っていくだけ。
そうすればさらにこの機能は自分の手に馴染んできて、という感じで上手く使っていく事が出来ると思います。

最初のハードルがちょっと高いのはもう仕方がないので、それに対して当サイトが出来るのは繰り返しなるべく分かりやすく説明することだけ。
そして、今書いているように「覚えればもう手放せないくらい便利な機能なんです」という事実をお伝えすることしか出来ません。

何とか私の説明で上手く概要を掴んで頂ければと思って書いています。

モデル空間上に作図した要素をペーパー空間で抜き出して表示する、という概念はとても便利なものですが、その為に必要になるのが「ビューポート」と呼ばれる機能。
今回はその「ビューポート」について詳しく考えていく事にしましょう。

まずはビューポートとは何かという話ですが…

・基本的にはペーパー空間上に配置する四角形

・四角形の中はモデル空間を表示する事が出来るようになっている

・表示するモデル空間の縮尺を正確に設定する事が出来る

・多角形も作成出来るけどAutoCADLTでは作成出来ない

・モデル空間にも配置出来るけれど機能として意味がなくなる

というような機能を持っています。
中でも重要なのが「モデル空間を表示する事が出来る」機能であることと「表示するモデル空間の縮尺を正確に設定する事が出来る」という点。

ビューポートにそうした機能があるからこそ、モデル空間上で作図した要素をペーパー空間上で正確な縮尺で表示する事が出来るんです。
ペーパー空間+ビューポートの組み合わせがあって、はじめてモデル空間とのうまいコンビネーションが実現するという感じです。

新しいペーパー空間を作成すると、もれなく付いてくるという感じでひとつビューポートが配置された状態になっています。

元々用意されているビューポート

図面というのは一般的には書類に分類されるものなので、その図面がどんな内容を表現しているのかが分かるようなタイトル、会社名などを表記した「図面枠」と呼ばれるものが必要です。
図面枠はペーパー空間上に配置しておき、その内側にビューポートを配置してモデル空間上の要素を抜き出して表現する、というのが基本パターンになります。

なので、そう言った意味では上図の状態は「まだまだ初期段階」という事になります。
恐らくビューポートの大きさも思ったより小さかったりして、色々と調整していかなければならない状態ではありますが…
でも、ペーパー空間の調整はここからスタートするというのがイメージとして分かると思います。

図面枠の配置はともかくとして、元々配置されているビューポートをどのように調整していけば良いのかについては、次回に詳しく説明をしていこうと思います。
それ程難しい操作はないので、意外にすんなり覚えられるはずですよ。

関連記事

  1. 大きな建物は縮尺1/50程度
  2. パブリッシュによる連続印刷
  3. 図面を印刷する
  4. CADデータである事のメリット
  5. ペーパー空間を追加する方法
  6. ダムもそのままのサイズで作図