オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ペーパー空間を追加する方法

オートキャド(AutoCAD)にはモデル空間とペーパー空間という概念があって、画面の下側にあるタブによってそれを切り替えていく。
そしてモデル空間はひとつの図面ファイルに必ずひとつだけ存在していて、ペーパー空間は自分で自由に増やしたり名前を付けたり出来る。

モデル空間とペーパー空間について、前回はそんな具体的な説明をしてきました。
現在モデル空間にいるのか、それともペーパー空間にいるのか、という表示を切り替える為にはタブをクリックするだけなので非常に簡単です。
イメージは表計算ソフトのexcelに近いものがあります。

モデル空間を増やす事は出来ませんが、ペーパー空間を新しく追加していく操作はとても簡単で、ペーパー空間タブの一番右端にある「+」をクリックするだけ。

「+」をクリック

上記にある「+」と表示されたタブをクリックすると…

「レイアウト2」タブが追加された

このように「レイアウト2」というタブが追加されました。
ペーパー空間の名前は基本的に「レイアウト○○」という名前でオートキャド(AutoCAD)が自動的に付けてくれます。

また、作成した「レイアウト2」タブを削除したい場合もあると思います。

削除メニューを選択

そんな場合には、上図のように削除したいタブ上までカーソルを持っていき、そこで右クリックすると表示されるメニュー内に「削除」があるのでそこをクリックです。

削除して良いかの確認

そうすると、上記のように少し念押しをされますが、特に問題なければ「OK」をクリックして、すぐに「レイアウト2」タブが削除されます。
このように、ペーパー空間自体はとても簡単に増やしたり減らしたりする事が可能なので、簡単に色々試してみる事が出来ます。

きちんとまとめたペーパー空間を消してしまうと改めて設定をやり直す事になるので大変ですが、作成したばかりのペーパー空間を消しても全然影響はないはずです。
なので、まずは慣れてみるという目的を持ちつつ、色々とペーパー空間を作成してみたりを試してみる事をお勧めします。

こうして説明を読むことも大事ではありますが、百聞は一見にしかずという言葉もあるように、私の長い説明を読むよりも実際に操作してみた方がすぐに理解出来る可能性が高いですから。

簡単にペーパー空間を新規作成する事が出来る、という話をしましたが、実際の仕事では恐らく「既に整えてあるペーパー空間をコピーする」機会の方が多いはず。
例えば既に図面枠が配置してありビューポートも用意されていて、凡例などを配置してあるペーパー空間をコピーするとか。

全く新しくペーパー空間と整えるよりも、きっとその方が効率的なので、結果としてコピーを使う機会の方が多くなるのではないかと思います。
その操作も非常に簡単なので紹介しておきます。
例えば「50」というペーパー空間をコピーして新しいペーパー空間を作成したい場合。

選択したレイアウトのコピー

上図のように「50」タブまでカーソルを持っていき、そこで右クリックする事で表示されるメニューに「移動またはコピー」という項目があるのでクリックします。

コピーを作成するを選択

そうすると上図のように「移動またはコピー」というダイアログBOXが表示されるので、下側にある「コピーを作成する」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

ペーパー空間がコピーされた状態

どこにコピーするかを厳密に決めたい場合は「挿入先」も決めておく必要がありますが、今回は「50」を選択した状態でコピーをした結果が上図です。
手前にコピーされる感じが少し違和感ありですが…タブの移動はドラッグで簡単に出来るので、後で調整すれば良いと思います。

関連記事

  1. 印刷スタイルの設定
  2. 図面は紙に印刷して使う
  3. 図面を印刷する
  4. 印刷関連機能まとめ
  5. 印刷時の設定項目
  6. 作図した図面のチェックは必須