オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

チェックに特殊なスキルは不要

作図した図面を印刷してチェックするという手間は、いくら作図の効率化を意識したとしても、絶対に省く事は出来ません。
そこを省いてしまうと、間違いのない図面を作図するという、図面を作図するプロとして求められる水準をクリアする事が難しくなってしまうんです。

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を作図するという仕事をする以上、成果品である図面は商品ということになります。
その商品のクオリティを下げないようにするには、どうしても図面をチェックするという手順を通過する必要がある訳です。

作図完了までの時間を重視するあまり、完成した図面をチェックする手間を省略するという選択肢があるかどうかを考えると…
作図した図面にはどうしても間違いがあるので、それをなくすためにはチェックが必要で、仕事の効率化を図っていく上でそこを削るのは合理的ではないんですよね。

図面チェックの重要性

それなのにチェックの手間を省略しようと考えているのなら、それはプロとしてかなり危険な事をしていると自覚した方が良いです。
これは例えばラーメンを販売する店舗を経営する際に、お客さんに早くラーメンを届けたいが為に味を犠牲にするようなもの。

そのラーメン屋さんに行くと、やたら早くラーメンが出てくるけどあまり美味しくない。
そんな店舗だとお客さんが何度も通いたい気持ちにはならないので、恐らく店舗としては長続きしないのではないでしょうか。

図面の作図を頼むと思ったよりも早く完成図が送られてくるけれど、間違いが多くて図面のクオリティは決して高いとは言えない。
そんな仕事を続けていたら、いずれその人に作図を依頼したいと思う相手がいなくなってしまう、というのは何となくイメージ出来るのではないかと思います。

継続して仕事を続けたいと考えているのであれば、それがどのような仕事であっても、信用というものが非常に重要な要素になる事は間違いありません。
チェックをしていない図面を相手に送ってしまうという行為は、その信用を大きく傷つける可能性が高い行為なんですよね。

ちょっとしつこいくらい同じような事を書いているのは、図面をしっかりチェックしないままにしている方が意外に多いからです。
これは私の周囲だけであれば問題はないのですが…

もし私の周囲だけが特別な訳ではなく、自分が作図した図面をチェックしていない方が多いようであれば、それは結構危険な事だと思うのでしつこく書いてみました。

作図完了した図面に間違いがないかしっかりチェックをする。
これはオートキャド(AutoCAD)のスキルが現状低い場合であっても、やろうと思えば確実に実行できることです。
その今やれる事をやらないのだとしたら…

オートキャド(AutoCAD)の操作を覚えて作図の効率が良くなったとしても、その方はきっと図面のチェックをしないでしょう。
今確実に出来る事をしないのだから、出来る事が色々と増えて来た時に、突然それが出来るようになるはずがありません。

と言うことで、今現在オートキャド(AutoCAD)がどれだけ使えるかは関係なく、作図完了した図面をチェックする為に特別なスキルなど必要ないんです。
今実行出来ることは確実に実行していく、という事を常に意識して、完成した図面に間違いがないかを確認する癖を付けておくのが良いと思います。

私は人に依頼した図面をチェックする立場で仕事をする事も結構多いです。
その時によく感じるのが「これは何もチェックしないで図面を送って来ているな…」という事で、見る側にはそういうのってすぐに伝わってしまうものなんですよね。
それはプロとしてかなりリスキーな事なので、やめておいた方が良いと思います。

関連記事

  1. 図面は紙に印刷して使う
  2. 仕事とやりがいの関係
  3. 実際に使うプリンタは限られる
  4. パブリッシュによる連続印刷
  5. 印刷結果と色の関係
  6. 用紙サイズのイメージ