オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

図面をチェックする為に印刷する

オートキャド(AutoCAD)を使って作図した図面を印刷する、という事にフォーカスしてこのカテゴリでは色々と説明をしています。
その説明をしている中で、図面を印刷するのは作図が完了してから、というようなニュアンスで話をしていますが…

実際には少し違うんですよね。
作図作業が一通り終わった後、図面印刷を一回したくらいで図面が完成する訳ではない、というあたりの話を今回はしてみたいと思います。

タイトルでも書いているので繰り返しになってしまいますが、作図が終わったかな…と思った図面はまず印刷して自分でチェックをする必要があります。
仕事を依頼してくれた相手に完成した図面を送付するのは、しっかりと自分で図面をチェックしてからの話になります。

何のために図面を印刷してチェックするのかと言うと…
これはもうプロとして当たり前の事として、作図した図面に間違いがないかを自分で最終確認するという目的があります。

作図した図面のチェックは必須

集中して作図をしているし、オートキャド(AutoCAD)の画面上でも間違っていないかを確認しているから、印刷してチェックする必要はないのでは?
実際にオートキャド(AutoCAD)を使って作図の仕事をされている方の中にも、そう思われる方も結構いるのではないかと思います。

でも画面上で確認する事と、紙に印刷して「ここはOK」という感じでチェックを入れていくのとでは、やっぱり大きな違いがあるものなんです。
本当であれば印刷しないでも正確な図面を描く事は出来る、と言いたいところなんですけど、残念ながらそこはなかなか難しいんですよね…

当サイトでは、オートキャド(AutoCAD)を使って作図をする際に、出来るだけ無駄な操作を削ることをテーマとして考えています。
そうして無駄を削った結果として、図面を完成させるまでに必要な時間を短縮していく。
つまり「作図のスピードを高める」事が目的で色々な説明をしています。

そうしたサイトのポリシーから考えていくと、完成したと思われる図面をわざわざ印刷して確認していくという余分な手間は省きたいと思ってしまいますが…
実際に仕事をしていくと、この「完成したと思った図面をまずは印刷してチェックする」という手順を外すことはどうしても出来ないんです。

理由はもうとてもシンプルで、紙でチェックしていない図面はどこかに必ずと言って良いほど間違いがあるからです。
そうした単純な間違いをなくす為には、やはり印刷した図面できちんとチェックして、その間違いを潰していく手順がどうしても必要なんです。

その手順をなくせば作図完了までの時間は確かに短縮する事が出来ます。
でも、その代わりという感じで、図面のどこかにはほぼ毎回何らかの間違いがあるとしたら…それは効率化と呼ぶにはあまりにも寂しい状態になりますよね。

オートキャド(AutoCAD)を使って図面を描く事を仕事としている場合、完成した図面は言うまでもなく「商品」です。
その商品のクオリティというのはつまり、内容として間違いのない図面という事になるのではないかと当サイトでは考えています。

少し時間がかかるけれど間違いのない図面と、少しだけ早く出来上がるけれど間違いが多い図面と、相手にどちらが喜ばれるか。
これはもう考えるまでもない事だと思いますがいかがでしょうか。

少なくとも私ならば、多少完成が遅くても確実に間違いがない図面を描いてくれる方の方が有り難いと感じます。
もし仕事を頼む時に指名が出来るのなら、そうした確実な仕事をしてくれる方に頼みたいと考えるのは、きっと私だけではないはずです。

関連記事

  1. PDFデータを送付すると親切
  2. パブリッシュ=連続印刷
  3. ビューポートの調整方法
  4. 図面チェックの重要性
  5. モデル空間とペーパー空間の切り替え
  6. 色による印刷結果のコントロール