オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

完成した図面は印刷して使う

このカテゴリではオートキャド(AutoCAD)の「印刷」に関する機能や操作方法について色々と説明をしていこうと思っています。
今まで説明してきた作図系の機能や編集系の機能などを使って作図を進め、データを定期的に保存しながら図面を完成まで持っていく。

どんな種類の図面でも、オートキャド(AutoCAD)を使って図面を作図していく際の一般的な手順はそれ程大きくは変わりません。
そして、完成までにかかる手間をどれだけ効率化する事が出来るか、作図完了までにかかる時間をどれだけ短縮出来るか。

このあたりが当サイトでこだわっているテーマになっています。
そうして作図完了した図面は最後にどのように使われるのか、というあたりについて考えてみると…
作図した図面データをメールで送って業務は完了、という仕事のやり方はあるにしても、作図した図面はどこかで最終的には印刷される事になります。

オートキャド(AutoCAD)で作図した図面データを印刷して、最終的には紙ベースの図面として使っていく。
これが今のところ図面の一般的な流れになっています。

図面は紙に印刷して使う

もう少し液晶タブレットの技術が進んで、耐久性は高く・価格は安く・サイズは小さく進歩していくと、図面は印刷しないでタブレットで見る時代がやってくるかも知れません。
それはもう遠い未来ではないような気がしていますが、これを書いている今のところは、まだそこまでの状況にはなっていません。

なので、作図した図面を印刷する操作は、オートキャド(AutoCAD)を使った図面作図の最後を締める重要な操作ということに。
せっかくオートキャド(AutoCAD)を使って効率良く図面を作図したとしても、印刷が上手くいかないと良い図面は出来上がらない、とも言えます。

これは少し極端な意見でもありますが…いくら図面データが綺麗に整っていたとしても、印刷される図面が見づらかったら図面として評価されにくいというのは事実としてあります。
図面の作図はかなりの時間と手間をかけて進めていくもので、最後の印刷が上手くいかなかったというだけでその図面の評価が悪くなるのは避けたいところ。

ということで、このカテゴリでは作図した図面を効率良く、そして美しく印刷するために必要な知識や設定などについて色々と書いていこうと考えています。
それと同時に、図面を印刷して作図した内容をチェックしていく事の重要性などについても取り上げていこうと思います。

先ほども少し書きましたが、まずはオートキャド(AutoCAD)で作図する図面の基本として押さえておきたい点がこちら。

・図面は最終的に紙で使われる

・オートキャド(AutoCAD)の画面上だけでは完結しない

・作図する側としては最終形をイメージしておく必要がある

・図面のチェックは紙+ペンの原始的なやり方がやはり効果的

いくらオートキャド(AutoCAD)を使って画面上で図面を確認出来るとは言っても、やはり作図する側としては、最終的な完成形である紙ベースの図面をイメージしておく必要がある訳です。
図面を作図する仕事をしているという事はつまり、作図した図面は「商品」だとも言えます。

その「商品」が最終的にどんな状態で使われるのか。
それを知っておくのはオートキャド(AutoCAD)のプロとして非常に重要な事ではないかと当サイトでは考えています。

そして、その為には印刷関連の機能をしっかりと押さえておく必要がある、という事で、これから印刷に関する話を色々としていくことにします。

関連記事

  1. 完成した図面は必ずチェック
  2. モノクロとカラーの切り替え
  3. ダムもそのままのサイズで作図
  4. 印刷時の設定項目
  5. 大きな建物は縮尺1/50程度
  6. 作図した図面のチェックは必須